スポンサーリンク

「ヤングケアラー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヤングケアラー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヤングケアラー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヤングケアラー」の意味

「日常的に介護が必要な家族の世話をしている、18歳未満の若者や子供。

「ヤングケアラー」の解説

「ヤングケアラー」「日常的に介護が必要な家族の世話をしている、18歳未満の若者や子供のこと」です。

家族の誰かに慢性的な病気や障害がある時に、同居家族だけでは日常的な介護や見守りをする人出が足りず、未成年の子供に世話させることです。

介護自体は法的な労働ではない為に、子供への負担が大きくなる家庭も増えています。

子供が介護に従事する問題として、学校で周囲の子供との差を感じたり、自分が進学したら誰が家族の面倒を見るのかなど 心理的な面で不安定になることです。

「ヤングケアラー」の使われ方

「ヤングケアラー」は、福祉用語として使われることが多くなります。

「最近ではヤングケアラーが増加している」「ヤングケアラーの負担を軽くする制度が必要だ」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典