スポンサーリンク

「ライトユーザー」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ライトユーザー」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ライトユーザー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ライトユーザー」とは?意味

「ライトユーザー」とは、主にパソコンやゲーム、スマートフォンなどのメディア機器を使用する時間が、平均的か平均を下回る使用時間の人を指す和製英語です。

利用時間がまだ少ない初心者を指す言葉でもあり、利用時間が非常に多い人を指す「ヘビーユーザー」「パワーユーザー」の対義語となります。

しかし近年では、パソコンやゲームなどの利用時間だけではなく、様々な分野で「ライトユーザー」という言葉は使用されるようになってきています。

例えば特定のブランドの商品を必ず購入する訳ではないような消費者は、その商品の「ライトユーザー」であると言えます。

「ライトユーザー」の概要

「ライトユーザー」は和製英語であります「カジュアルユーザー」という言葉でも表されます。

元はパソコンやゲーム、携帯電話やスマートフォンなどの電気機器の使用頻度が、普通の人に比べて平均的か平均以下の人を表す言葉でした。

現在ではその意味も含まれますが、様々な分野において「ライトユーザー」と表わされるようになってきています。

日常品であるティッシュペーパーで例えるならば、同じメーカーの商品をこだわって購入する人より、値段によってメーカーを選別する人も少なくないでしょう。

販売するメーカー側にとっては、その人たちは自社の商品の「ライトユーザー」と言えます。

「ライトユーザー」をいかに「ヘビーユーザー」とするのが、企業とって課題になっています。

しかし、過度にそれを執着してしまうと「ライトユーザー」は敬遠してしまいます。

例えばゲームなどで、難しいルールや高難易度の要素をたくさん詰め込んでしまったら、気軽に遊んでいた「ライトユーザー」はどうなってしまうでしょうか。

気軽に遊んでいたつもりだったのに、そのような要素を追加されてしまったらついていけないと感じてしまい「ライトユーザー」はゲームを止めてしまうかもしれません。

このように企業はバランスを考え「ライトユーザー」を繋ぎ止めるかが肝となってくるのです。

「ライトユーザー」の言葉の使い方や使われ方

「ライトユーザー」とは、パソコンやゲームなどのメディアの使用時間が平均か平均以下の利用者に対して使われる言葉です。

そのため自分がそのメディアの利用時間が少ない事を理解していた場合などに「私はライトユーザーだ」などと使用されます。

近年スマートフォン上で配信されているゲームなどは、基本無料を謳っているゲームが多くなっています。

そのようなゲームは基本的に金銭は発生しませんが、よりキャラクターを強くしたかったり、制限を開放したりする場合に「課金」というシステムで実際のお金を利用しゲームの幅を広げます。

その課金の値段が少なかったり、無料のまま遊んでいる人が「ライトユーザー」と呼ばれます。

逆に高額な金額を課金してゲームを遊んでいる人に対しては「ヘビーユーザー」と呼びます。

「ライトユーザー」を使った例文(使用例)

・『僕はパソコンについてはライトユーザーなので、故障した時の対応に困ってしまう』
・『私はこの化粧品のライトユーザーだが、私に合っているので気に入っている』
・『ライトユーザーをいかにして増やすかが、サービス継続の秘訣と言える』

まとめ

あらゆる商品やサービス、メディアの基礎を作っていると言える「ライトユーザー」

「ライトユーザー」の上には「ヘビーユーザー」が存在するため、「ライトユーザー」が多ければ多いほど、そのメディアやサービスの利用者は多いと言えます。

しかし欲を出して「ライトユーザー」に対してアプローチが過ぎると「ライトユーザー」は敬遠してしまうでしょう。

企業にとっていかに「ライトユーザー」の扱いをうまく行うかが、サービス継続のカギとなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典