スポンサーリンク

「ラインブレイク」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラインブレイク」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラインブレイク」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラインブレイク」とは?意味

「ラインブレイク」とは、釣り用語の一つです。

「ライン」とは、釣りの際に使用される釣竿から水面に向かう釣り糸の事を指しています。

「ブレイク」とは、壊れるという意味を示しているため、日本語では「釣り糸が壊れる」という意味となり様々な要因によって糸が切れてしまう事を「ラインブレイク」と呼びます。

「ラインブレイク」の概要

「ラインブレイク」とは、釣りの際に使用される専門用語になります。

「ラインブレイク」に至る原因は様々で、掛かった魚の引きの力が非常に強く、釣り糸がその力に耐えられなくなってしまった場合に糸が切れてしまう事があります。

その他にも長期間釣り糸を使用すると、目に見えないレベルの小さな傷やほつれが釣り糸に生じる事があり、そのわずかな傷が原因で少しの衝撃などで切れてしまう場合があります。

釣り糸にも用途によって多種多様な素材や耐久性が変わってくるため、釣り糸の交換のタイミングを見極め、釣り糸の状態などは釣り人が日頃から目視で確認したりして、「ラインブレイク」を招くのを防ぎます。

また物理的な要素も多く、巨大な魚を釣る事を目的としているのにもかかわらず、細く柔い釣り糸を使用すると、当然ながらその力に耐える事ができず、簡単に切れてしまいます。

そのため、どういった魚を釣るのかという目的に合わせて釣り糸を選ぶ必要があるのです。

これは経験などで知識として習得していく事であり、初心者などが釣り糸を選ぶ際には、専門家や経験者の意見を聞くなどして使用する釣り糸を選択するのが望ましいでしょう。

それ以外にも釣り糸が対象となる魚に適正だった場合でも、魚が掛かった時に釣り糸を巻くタイミングや、釣り竿の角度などによっても「ラインブレイク」が起こり得ます。

そのため釣り竿を自在に操るテクニックも必要になってくるため、初心者は「ラインブレイク」を何度か繰り返しながらコツを掴んでいく必要があります。

「ラインブレイク」の言葉の使い方や使われ方

「ラインブレイク」とは、釣り用語であり釣りの際に糸がなんらかの理由で切れてしまったときに使用される言葉です。

似たような意味の釣り用語としては「バレた」などがありますが、これは糸が切れたのではなく魚自体に逃げられた事を意味しますので、「ラインブレイク」とはニュアンスの違う言葉になります。

「ラインブレイク」を使った例文

・『目的の魚が釣れる寸前でラインブレイクした』
・『釣り糸が岩に引っかってしまい、ラインブレイクした』
・『ラインブレイクを起こさないように、釣りをする前には釣り糸のチェックしよう』

まとめ

「ラインブレイク」とは、釣り用語の一つです。

普段から釣り糸の点検する事が「ラインブレイク」を引き起こさない事に繋がります。

それでも様々な要因で「ラインブレイク」は起こるため、釣りをする上である程度覚悟しておかなければならない現象と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典