「ラフ画」と「アタリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラフ画」と「アタリ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラフ画」「アタリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラフ画」とは?

「ラフ画(らふが)」とは、「イラストの大まかなイメージを示すために、簡単・大雑把に描いた下絵」を意味しているイラスト用語です。

「ラフ画」というのは、「丁寧に描かれたものではなく、ラフ(大雑把)に描いた下書きの絵」のことなのです。

「ラフ画」「ラフ」は英語の“rough”で、「大雑把な・荒い」を意味しています。

「アタリ」とは?

「アタリ」とは、「人物(キャラクター)・風景のバランスやパーツの位置関係を大まかに示すためのラフな作業工程」を意味しているイラスト用語です。

「アタリ」は、「ラフ画よりもさらに大雑把な感じで、どこに何を描くのかの位置・バランスを丸・四角などを使って示した下絵」なのです。

「ラフ画」と「アタリ」の違い!

「ラフ画」「アタリ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ラフ画」「アタリ」はどちらも「漫画・イラストの下書きに関連するもの」ですが、「ラフ画」というのは「イラスト・漫画の大まかなイメージをつかむために簡単・大雑把に描かれた下絵」を意味しています。

「ラフ画」に対して「アタリ」というのは、「人物(キャラクター)・風景のバランスや位置関係を大まかに示すために丸・四角などを使った作業工程」を意味している違いがあります。

まとめ

「ラフ画」「アタリ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ラフ画」とは「イラストの大まかなイメージをとらえて簡単に描いた絵」「丁寧ではなくラフ(大雑把)に描いた下書きの絵」を意味していて、「アタリ」「キャラクター・風景などのバランスを大まかに取るための作業工程」を意味している違いがあります。

「ラフ画」「アタリ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典