スポンサーリンク

「ランデブー」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランデブー」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ランデブー」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランデブー」とは?意味

「ランデブー」は、フランス語で待ち合わせ場所や集会場という人が集まる場所全般を指します。

他にも、宇宙開発事業などでロケットが他の乗り物とドッキングすることも、フランス語で「ランデブー」と呼びます。

「ランデブー」の概要

「ランデブー」は一見すると、英語のように聞こえ、英語圏の映画においても、「ランデブーポイント」という言葉があるが故、英語であると認識されていますが、実はそうではありません。

これは間違った言葉で、英語の場合、集合地点を意味する言葉は、実はMeeting pointなのです。

そのため、人が集まる場所を「ランデブーポイント」と呼んでも、ただの和製言語の一つとして解釈されるのです。

「ランデブー」の言葉の使い方や使われ方

「ランデブー」は人が集まる場所を指すために日本では使用し、「デートのランデブーはどこ?」などという言葉で使用します。

このケースの場合、デートの場所はどこという意味です。

「ランデブー」を使った例文(使用例)

・『司令部から新たなランデブーポイントが設定された』
この例は、司令部から新しい集合場所が設定されたとする例です。

よくありがちな映画のシチュエーションですが、実はこの言葉、フランス語と英語で構成されており、意味は一応待合場所という意味になりますが、言語としては不成立で、フランスと英語が混ざっています。

その為、英語とフランス語を知る物でなければ意味が通じないでしょう。

・『今日の彼氏とのデートのランデブーはどこ?』
この例は、対象となる物の彼氏とのデート場所はどこかを聞いた例です。

「ランデブー」という言葉が人が集まる場所であるという認識からデートなどで人が集まる場所も一つの待合場所に相当するという解釈の例になります。

・『宇宙船3号機と4号機のランデブーは成功した』
この例は、宇宙船同士のドッキングが成功したという意味になります。

「ランデブー」は、2つが互いに接近し、引っ付くことも「ランデブー」と呼び、この場合は宇宙船同士がドッキングしたことを指し、かつドッキングに成功したと言っているのです。

まとめ

「ランデブー」という言葉自体は、実はフランス語でアメリカの映画などでよく耳にするが故、英語であるという認識がありますが、実はそうではありません。

その為、「ランデブーポイント」というのは、和製の言語で英語とフランス語の混合になります。

それら、混合言語でも一応意味が通じるのが「ランデブー」という言葉になり、もはや「ランデブー」は一つの日本語の中の言語であると言ってもよいのです。

これは、日本が横文字を使用してカタカナに英語やフランス語を置き換えると格好が良い、知的に見えるということもあり英語だろうとフランス語だろうと文字を一度カタカナに置き換え、使用するが故、英語とフランス語が混じる、「ランデブーポイント」なる言葉が生まれるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典