「リスク分散」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「リスク分散」とは?

みなさんは「リスク分散」という言葉を知っているでしょうか。

株式投資などをしている人なら、「リスク分散」という言葉を知っていると思います。

実際に「リスク分散」を意識した投資をしている人もいるでしょう。

一方で投資などをした経験のない人は、「リスク分散」という言葉を聞いた事がないかもしれません。

そこで「リスク分散」という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

これから投資を始めたいと思っている人、またはこの考え方を生活に役立てたい人は、興味深い言葉でしょう。

「リスク分散」の意味

「リスク分散」には、どのような意味があるでしょうか。

「リスク分散」は、危機管理に関する言葉で、逆相関のリスクを組み合わせて、全体のリスクを軽減する狙いを言葉にしたものです。

例えば株式投資なら、円高になったら株価が下がりやすい輸出産業の銘柄と、円高になったら株価が上がりやすい海外から材料を購入している企業の銘柄などを、同時に保持する事で、株価がどう振れた時にも大丈夫なように全体のリスクを軽減します。

また預金を円だけでなくドルやユーロで保持する事も、全体のリスクを軽減します。

このような狙いを「リスク分散」と呼びます。

「リスク分散」の言葉の使い方

「リスク分散」という言葉をどのように使えばいいでしょうか。

「リスク分散」は、全体のリスクを軽減したい時に使う言葉です。

株式投資などの投資や、外貨預金などをする時に「リスク分散」という言葉を頻繁に使います。

また日常生活や仕事の場面でも、「リスク分散」という言葉を使う事ができます。

例えばビジネスシーンでは一社とだけ仕事をしていると、A社が破たんした時や、他の企業にとってかわられた時に倒産の危機を迎えてしまいます。

そこで、同時に数社と取引をする事で「リスク分散」する事ができます。

このように、リスクを軽減したい時に「リスク分散」という言葉を使ってみましょう。

「リスク分散」を使った例文

「リスク分散」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「リスク分散」という言葉を使った文章を見る事で、この言葉の意味がより理解できるようになるでしょう。

「リスク分散」の例文1

「貯金をドルと円、ユーロにして『リスク分散』しています」

この例文のように、実際に貯金を円だけでなく、ドルやユーロにして保有している人がいます。

このように様々な貨幣で資産を保有すると、日本でインフレが起こったとしても、ドルやユーロを持っているため全体のリスクを軽減する事ができ、数千万円の貯金が、紙くずになるようなリスクを避ける事ができます。

また株式投資では、様々な業界の株式を同時に保有する事で、一つの業界が不振になり株価が下がった時のリスクを軽減する事ができます。

「リスク分散」の例文2

「『リスク分散』のために、A社だけでなく、B社とも取引をしよう」

この例文のように、一つの企業とだけ密接な関係を築くのではなく、他の企業とも同時に仕事をする事は「リスク分散」になります。

A社との契約が切れたり、A社が業績不振になっても、引き続きB社と仕事をする事ができるからです。

一つの企業とだけ親密に付き合うと、順調な時はいいですが、相手の何かあった時に大変な事態になりそうです。

「リスク分散」の例文3

「レンタルDVD店に行ったら、『リスク分散』のために複数のDVDを借りる」

この例文のように、レンタル店に行った時に、一つの作品だけでなく、複数の作品を借りる人が多いと思います。

複数の作品を借りると、お目当ての作品がつまらなくても、他の作品がおもしろいかもしれないので、「リスク分散」になるからです。

5本程度のDVDをレンタルすれば、まず全部がつまらないという事はないはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典