スポンサーリンク

「レポート」と「論文」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レポート」と「論文」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先生から課題を出されたとき、何を提出すべきか悩むことがあります。

この記事では、「レポート」「論文」の違いを分かりやすく説明していきます。

何を書けばいいのか迷ったときの、ヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「レポート」とは?

レポートとは、見やすく整えられた文書のこと。

先生が取り上げたテーマを深堀りして、論理的にわかりやすく説明した文章です。

主に大学の宿題のひとつとして出されます。

レポートでは先生から「このテーマについて、原稿用紙4枚以内にまとめてください」と問いかけられることが多いので、その指示に従っていきます。

先生によっては使用するフォント、原稿用紙の右寄せや左寄せを細かく指定してくることもあるので、決して自己流で書き始めないこと。

課題にしっかり目をとおしてから、作業を始めていきます。

レポートでは授業の内容を理解しているのか、問われていることが多いです。

そのため新しい資料をやみくもに調べるのではなく、今まで習ったことをひとつひとつ思い出し書き正していきます。

昔のノートを活用しながら、分かりやすくまとめていきましょう。

「論文」とは?

論文とは、自分の考えを主張する文章のこと。

テーマを見つけて、周囲に意見をつたえる文章のことです。

論文を書くときには、まず核となるテーマを決めます。

思い浮かばないときには、小さな疑問を紙に書きだしていき、書けそうなものをまずは見つけていきます。

「疑問」があり「答えを見つける」これが論文の基本の形になってくるからです。

シンプルな論文は序論(はじめに)・本論・結論(まとめ)の三部構成で書いていきます。

はじめにでは、なぜこのテーマを取り上げるのか、そもそものきっかけを。

本論では自分の主張や調べた内容を。

まとめで最終的な見解をまとめていきます。

論文がうまく書けるようになると、自分の意見をあらゆる場で主張できるようになれます。

「うまく書こう」と思うと緊張のあまり書けなくなってしまうので、まずはとにかく書いてみること。

論理的に説明する力は、後からついてきます。

「レポート」と「論文」の違い

どちらも学校の課題ですが、すみわけが難しいものです。

「レポート」「論文」の違いを、分かりやすく解説します。

・復習と予習の違い

どちらも成績につながる、大切な宿題のひとつです。

区分けに迷うのですが、レポートが過去の学習のおさらいなら、論文は未来を見つめる学習になります。

いわば授業の復習がレポート、さらに発展させたものが論文です。

またレポートは長くて原稿用紙5枚程度が多いですが、論文は50枚や100枚などの長編におよぶものもあります。

まとめ

「レポート」「論文」の違いを分かりやすくお伝えしました。

レポートは先生からお題を与えられ、それについて学習しまとめた文書のこと。

対して論文はこれまでの学習を踏まえた上で、新たな主張をおこなう文書です。

短いものがレポートで、長いものが論文です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典