「ログイン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ログイン」とは

最近は誰もがインターネットを使うようになり、ウェブサイトにログインする機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

ログインというのはそのウェブサイトなどに自分の身元や妥当性を証明し、そこにアクセスするための資格情報を取得するための一連の操作を指します。

ログオン、サインイン、サインオン、などといった言い方をすることがあります。

「ログイン」の意味

スマホやパソコン等においてウェブサイトのサービスを利用する時、自分のアカウント情報を用いてデータにアクセスする認証のことをログインと呼ぶのです。

例えばEメールアドレスを取得した時も自分のEメールアドレスにログインをしなければいけませんし、SNSなどを利用する時にもログインもしなければいけません。

ログインすることによって自分のデータにアクセスし、そのサービスを利用することが可能になるのです。

「ログイン」の使い方

ログインという言葉は今やあらゆるウェブサイトで用いられる表現ですが、ログインの仕方などを示した説明も多く、ログインに関するトラブルの説明など、インターネット上ではあらゆる場所で見かける言葉になっています。

金融機関等にログインするときには特に注意が必要、などという注意喚起のために使われることもあります。

「ログイン」の例文や短文

それならば具体的にログインとはどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここではログインという言葉の例文を紹介します。

「ログイン」の例文1

「ログインできない」

あらゆるサービスを利用していると、どうしてもログインできない、サービスが利用できない、というトラブルが起こる場合があります。

多くの場合はIDやEメールアドレス、パスワードが間違っており、パスワードを入力するときに小文字と大文字を間違えている場合もあります。

しかし、ブラウザがサイトに対応していないこともありますし、ウェブサイトがサービスを休止している可能性もあります。

「ログイン」の例文2

「不正なログインを防ぐためにワンタイムパスワードを重視しています」

最近では金融機関のウェブサイト等にログインするとき、不正なログインを防ぐためにワンタイムパスワードが発行されることがあります。

自分のアカウント以外にログインすることを不正なログインといい、特に自分のパソコン以外のメディアを使ってログインした時、情報が盗まれてしまう可能性があるのです。

不正なログインを防ぐためにも自分のパソコン以外のメディアからログインするという事は避け、パスワードをこまめに変更することが大切です。

「ログイン」の例文3

「ログインすると様々なサービスが利用できます」

今や自分のアカウントが必要となるサービスも多く、ログインしなければ利用できないウェブサイトも少なくありません。

例えば就活をする時などにも就活エージェントのウェブサイトにログインして初めてそこのサービスが利用できますし、転職の時にも転職エージェントにログインが必要になります。

そのため、個人情報は自分で管理しなければいけない時代になりつつあるのです。

「ログイン」の例文4

「ログインIDを忘れたらメールアドレスを送信してください」

今やあらゆるウェブサイトでログインしなければいけないようになりましたが、その一方でログインIDを覚えていない、というトラブルが起こることも珍しくありません。

そのような場合はメールアドレス等を送信することによって再度ログインIDを登録できることがあります。

パスワードやIDは忘れないように管理しておくことが大切です。

特に周りから推測されてしまうようなパスワードは絶対に避けるようにしましょう。

安全なログインを守るためにも工夫が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典