スポンサーリンク

「ロマンチック」と「ロマンチスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロマンチック」と「ロマンチスト」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

空気や雰囲気は気持ちも行動も左右する重要な要素で、その好みも人によって違います。

「ロマンチック」な雰囲気を愛する人も多いですが、意外と即座に説明できない人もいるのが「ロマンチック」「ロマンチスト」の違いです。

この記事では、「ロマンチック」「ロマンチスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ロマンチック」とは?

「ロマンチック」とは現実離れしている、情緒にあふれ、甘美なことや雰囲気です。

幻想的であったり、夢のようなこと、そういった願望に対して理想的なことも指して「ロマンチック」と言います。

幻想的という意味でも使われる言葉ですが、童話やおとぎ話のような幻想的ではなく、ニュアンスとしてはもう少し現実的な空想的の方が近いでしょう。

小説やドラマ、劇などの創作物に出てきそうな展開や演出、あるいは風景の美しさなどが「ロマンチック」と呼ばれるものです。

「ロマンチック」と呼ばれるものは空気や雰囲気、風景や光景などであり、人の纏う雰囲気や好みに対して「ロマンチック」ということはあっても、人そのものを「ロマンチック」ということはありません。

「ロマンチスト」とは?

「ロマンチスト」とは、「ロマンチック」な雰囲気を好み、そういった出来事に強い憧れを持つ人のことです。

そこから転じて空想的なものや理想的なものごと、夢を追い求めている人達のことも「ロマンチスト」と呼びます。

元々は芸術の分野でロマン主義を掲げる人を指していましたが、現在はその意味で使われることはほとんどありません。

ただし「ロマンチスト」「ロマンチック」なことに憧れを持ってはいても、価値観や考え方自体は現実に即したものを持っていて、現実も見えている人に使われる言葉です。

価値観も空想や幻想にとらわれている人は、空想家など他の呼び方をされます。

「ロマンチック」と「ロマンチスト」の違い

「ロマンチック」は現実離れしていて、作り話で見るような素敵な雰囲気や光景、もしくはそう言った考え方を指します。

それに対して「ロマンチスト」は、そういった「ロマンチック」なことを愛している人を指す言葉です。

人に対して「ロマンチック」という場合、人そのものに対して言っているのではなく、その人が持っている嗜好や態度などの特徴が「ロマンチック」であることを意味して使われます。

逆に雰囲気や風景など人以外のなにかに対して「ロマンチスト」ということはありません。

また「ロマンチック」は良い雰囲気を褒めることに使われ、悪い意味で使われることは基本的にありませんが、「ロマンチスト」は夢見がちな人を揶揄するネガティブな意味で使われることがあります。

まとめ

「ロマンチック」なことを好み憧れることは性別問わずありますが、そういう人全員が「ロマンチスト」というわけではなく、特に憧れが強く夢見る人を指すのが「ロマンチスト」です。

「ロマンチスト」か否かの区別は人によって難しいですが、「ロマンチック」「ロマンチスト」は人かそれ以外かで区別すれば簡単でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典