「ワイキキ」と「ハワイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワイキキ」と「ハワイ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワイキキ」「ハワイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワイキキ」とは?

「ワイキキ」の意味と概要について紹介します。

「ワイキキ」の意味

「ワイキキ」とは「ハワイの州都、ホノルルの海岸沿いにある有名な市街地のこと」です。

「ワイキキ」の概要

「ワイキキ」は、ハワイ・オアフ島南部にある、州都であるホノルルを代表する有名な街のことを言います。

ホノルルには他にも「カハラ」「ダウンタウン」など有名な都市がありますが、「ワイキキ」はその中でも特に日本人観光客が多く訪れています。

「ワイキキ」とはハワイ語で「新鮮な水が湧くところ」という意味です。

最も有名なのが「ワイキキビーチ」で、高層ビルや高級リゾートホテルの側にあり、目の前にはダイヤモンドヘッドが広がります。

波が穏やかで、初心者サーファーでも楽しめる場所として人気があります。

「ハワイ」とは?

「ハワイ」の意味と概要について紹介します。

「ハワイ」の意味

「ハワイ」「太平洋にあるアメリカ合衆国の州のことで、ハワイ諸島からなる国」です。

「ハワイ」の概要

「ハワイ」は、太平洋にあるハワイ諸島のことで、アメリカ合衆国の50番目の州のことを言います。

ハワイ州は132の島から成り立っていて、「カウアイ島・オアフ島・ラナイ島・モロカイ島・マウイ島・ハワイ島」は観光客が訪れるベスト6となっています。

州都のホノルルは「オアフ島」にあります。

「ハワイ」は1893年までは「ハワイ王国」と呼ばれ、王様が存在していました。

「カメハメハ王」は特に有名で、ホテルや通りの名前にもなっています。

「ワイキキ」と「ハワイ」の違い!

「ワイキキ」は「ハワイの州都、ホノルルの海岸沿いにある有名な市街地のこと」です。

「ハワイ」「太平洋にあるアメリカ合衆国の州のことで、ハワイ諸島からなる国」です。

まとめ

今回は「ワイキキ」「ハワイ」の違いをお伝えしました。

「ワイキキはハワイの街の名前」「ハワイは州の名前」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典