「ワイワイ」と「ガヤガヤ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワイワイ」と「ガヤガヤ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワイワイ」「ガヤガヤ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワイワイ」とは?

「ワイワイ」の意味と使い方について紹介します。

「ワイワイ」の意味

「ワイワイ」「大声をあげて泣き叫ぶ様子」「大勢の人達が一斉に大声で騒ぐ様子」「口やかましく言い立てる様子」という意味です。

「ワイワイ」の使い方

「ワイワイ」は、大勢で賑やかに話をしたり、何かの行動をしている時の表現です。

大勢で集まる食事会などで使われます。

基本的に、何かの目的で人がある場所に集まり、一緒になにかをしながら盛り上がっている様子に使われ、大勢の人がいる場所でも流動的に入れ替わっている様子には使われません。

「ワイワイ」は、元は「ワヤワヤ」と言い、「ワヤ」とは「めちゃくちゃな様子」という意味で、語源は「わやく」です。

「わやく」「枉惑(おうあく)」が変化した言葉で、「無理を言ったりしたりすること」という意味があります。

この様に、「無理を言う」から「めちゃくちゃ」になり、そこから「賑やかに騒ぐ」という意味になったと言われています。

「ガヤガヤ」とは?

「ガヤガヤ」の意味と使い方について紹介します。

「ガヤガヤ」の意味

「ガヤガヤ」「大勢で勝手にうるさく話し合う様子」という意味です。

「ガヤガヤ」の使い方

「ガヤガヤ」は、単純に大勢の人達が勝手に話をして、うるさい雑音となって響いている様子を言います。

「ワイワイ」よりも「うるさい」「不快に感じる」というニュアンスが強くなります。

「ガヤガヤ」は特に語源に関する記述はなく、人が口々に話している雑音をそのまま言葉にした「擬音語」戸言われてます。

大勢の人達がまとまりなく個々にしゃべっている時の表現です。

「ワイワイ」と「ガヤガヤ」の違い!

「ワイワイ」「大勢で盛り上がってにぎやかな様子」です。

「ガヤガヤ」「大勢で勝手にしゃべってうるさい様子」です。

まとめ

今回は「ワイワイ」「ガヤガヤ」の違いをお伝えしました。

「ワイワイはにぎやか」「ガヤガヤはうるさい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典