「一線を越える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「一線を越える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一線を越える」という言葉を使った例文や、「一線を越える」の類語を紹介して行きます。

「一線を越える」とは?意味

「一線を越える」には、「守るべきことを破る」「してはならないことをする」という意味があります。

「一線を越える」の読み方

「一線を越える」の読み方は、「いっせんをこえる」になります。

「一線を越える」の表現の使い方

「一線を越える」の表現の使い方を紹介します。

「一線を越える」には、「守るべきことを破る」「してはならないことをする」という意味があります。

そのため、誰かが守るべきことを破ったり、してはならないことをしたと感じた時、「一線を越える」という言葉を使ってみましょう。

例えば、学校でいたずらなどをしていた子供が、万引きをしたり、ガラスを割ったりしてしまった時、守るべき法律を破ってしまったと言えます。

このような時、「子供が万引きをして、一線を越えてしまった」などと、「一線を越える」を使った文章を作れます。

「一線を越える」を使った例文や短文など

「一線を越える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「一線を越える」を使った例文1

「昨日まで仲の良い同僚だったのに、酔った勢いで不倫関係を結び、『一線を越える』」

この例文は飲み会などで酔った勢いで、会社の同僚と不倫関係を結んでしまった人についての文章になります。

不倫関係を結ぶという行為は、社会倫理上、守るべきことを破ったと言えるため、「一線を越える」という言葉を使います。

「一線を越える」を使った例文2

「ボーイフレンドはたくさんいるが、『一線を越えた』相手はいない」

この例文に登場する女性は、ボーイフレンドはたくさんいるものの、肉体関係を結んだことがある男性はいないという意味になります。

このように、男女の間で肉体関係がある時、守るべきことを破ったと言えるため、「一線を越える」という言葉を使います。

この場合は悪いことをしたわけではありませんが、貞操観念のためか、「一線を越える」という言葉を使います。

「一線を越える」の類語や類義語・言い換え

「一線を越える」の類語や類似を紹介します。

「度を越す」【どをこす】

「度を越す」には、「度を越える」という意味があります。

「度を越した飲み方をして、体を壊す」などという使い方をします。

「行き過ぎる」【ゆきすぎる・いきすぎる】

「行き過ぎる」には、「通り過ぎる」「目的の所よりも先に行く」という意味があります。

また「度を越した物事をする」という意味があります。

まとめ

「一線を越える」という言葉について見てきました。

守るべきことを破る様子を見た時、してはならないことをする様子を見た時、「一線を越える」という言葉を使ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典