「三振」と「空振」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「三振」と「空振」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「三振」「空振り」の違いを分かりやすく説明していきます。

「三振」とは?

「三振」の意味と概要について紹介します。

「三振」の意味

「三振」とは「野球、ソフトボールで、打者が投手からストライクを3つ取られること」です。

「三振」の概要

「三振」は、野球やソフトボールで、バッターがストライクを3つ取られることを言います。

「三振」には以下の2つの種類があります。

「空振り三振」は、3つ目のストライクの時に、バッターが振ったにもかかわらず投球に当たらないことです。

「見逃し三振」は、3つ目のストライクの時に、バッターがボール球と思い振らずに、ストライク判定が出ることです。

「三振」になると、バッターはアウトになり、3回アウトになると、チェンジになります。

「空振り」とは?

「空振り」の意味と概要について紹介します。

「空振り」の意味

「空振り」とは「野球、ソフトボールで、バットを振って投球に当たらないこと」です。

「空振り」の概要

「空振り」は、野球やソフトボールで、ピッチャーの投球に対してバットを振っても当たらないことを言います。

「空振り」をすると、ストライクとしてカウントされ、3回続くと「三振」と言われます。

また、振ろうと思ったところボール球だったので、慌ててスィングを止めても、ルール上バットが半分回っていれば「振った」と判断されることがあります。

上記で紹介した様に、「空振り三振」は、2ストライクから「空振り」をして「三振」になることで、意味が違います。

「三振」と「空振り」の違い!

「三振」「バッターがストライクを3つ取られてアウトになること」です。

「空振り」「バットを振って投球に当たらないこと」です。

まとめ

今回は「三振」「空振り」の違いをお伝えしました。

「三振はアウトになる」「空振りはバットに当たらない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典