スポンサーリンク

「下手に出る人」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「下手に出る人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「下手に出る人」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「下手に出る人」とは?意味

「下手に出る人」は、自分という存在を下に見せつけて、へりくだって対応する人のことです。

言ってしまえば、「下手に出る人」は、相手を立てて自分は格下であると公言していますが、実のところ、相手側を下には見ていないケースが多い人のことを「下手に出る人」と呼びます。

これは、あえて対象となる人物を奉っていれば自分に有益があり、奉った相手が自分にとって存在価値がない場合、容赦なく切り離すことが可能なので、「下手に出る人」は自分の有益のためにわざとそうしている人です。

「下手に出る人」の概要

「下手に出る人」は、いわば、自分の有益=相手を自分より格上にすることで有益を得ると考える人のことで、実のところ相手側は大したことないと思っています。

それを真に受けた人は自分は有能であると判断し、調子に乗るのですが、「下手に出る人」はそうした人物に対しては、有益である場合付き合いますが、不利益になると考えれば容赦なく突き放し、攻撃をも加えます。

その為、「下手に出ていれば付け上がりやがって」という言葉は、あえて自分は格下だと演技していただけなのにもかかわらず、調子に乗りやがってという意味になるのです。

「下手に出る人」の言葉の使い方や使われ方

「下手に出る人」は、あえて自分を格下に設定して物事の対処をする人のことを指すために使用します。

なお、この言葉は相手側が演技をして、自分は大したことがないと言ってのけていると看破しているが故、相手側が「下手に出ている」と分かっています。

「下手に出る人」を使った例文

・『あそこまで下手に出る人は珍しい』
この例は、あそこまでへりくだって自分は格下だと言い切る人物は珍しいという例です。

なお、へりくだる人物は意図があり自分を格下であると述べているケースがあるため、こうした人物は結構要注意な人物で目的を達成した後急に性格が変貌する人物もおり、別人のようになる人もいます。

・『下手に出る人だという自覚はあるか?』
この例は、対象がへりくだっていることを看破されていて、それに対して自覚を持っているな?と疑いの目を向けた例です。

その為、疑いを向けられている人物は要注意すべく人物であると警戒されてもいるのです。

まとめ

「下手に出る人」は、実はそんなに珍しいこともなく、自分を偽り、相手を立てることで自己の利益を得ようとする人物なので別に珍しいことではありません。

問題は、その方法によって勘違いをする存在が問題で、奉られた側は自分が特別だと勘違いをするが故、度が過ぎた場合、下手に出ている人物が本性を現した場合、取り返しがつかない状況に陥っていることも多いです。

つまり、「下手に出る人」の利益を得るための下手に出る行動を計算を計算ではなく、性格であると判断してしまった人物は後から報いを受け、その報いが取り返しがつかないというケースが多いということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典