スポンサーリンク

「不得手」と「苦手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不得手」と「苦手」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不得手」「苦手」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

ぱっ見は同じような意味に理解できますが、実は明確な違いがありますので、是非とも把握しておいてください。

スポンサーリンク

「不得手」とは?

最初は「不得手」の意味をご説明致します。

「不得手」の意味としては、基本的に自分が得意としていない物事を意味しております。

また、好きでもなければ興味もないという時にも、使われますので参考になれば幸いです。

「苦手」とは?

次は「苦手」の意味を解説していきます。

「苦手」の意味とは、基本的な意味としては自分が苦手と思う人を指していることが多いようです。

また、得意としていないことや時にも使うようですので、上の「不得手」と共に臨機応変に活用してみてください。

「不得手」と「苦手」の違い

この項目にて「不得手」「苦手」の違いを解説していきます。

基本的にこの2つが共通している意味としては、「得意ではないこと」です。

他の細かな部分の意味は、上で解説した内容を踏まえてみると違いや使い方まで見えてきます。

「不得手」というのは、自分が得意ではないことや、興味もない時に使うようです。

もっと具体的に言いますと、「専門外」という時にも使うことがありますので、参考にしてください。

また、「苦手」というのは、自分が嫌だなと思う相手を指したり、前者と共通項としては得意ではないことを指しているのです。

以上が「不得手」「苦手」の違いとなりますので、自分がよく出くわすことで、得意ではないと思う時に使ってみるのもいいかもしれません。

次は使い方を解説していきます。

「不得手」と「苦手」の使い方の違い

ここでは「不得手」「苦手」の使い方の違いを見ていきます。

この2つの使い方としては、こうなってきます。

前者の場合は「不得手な分野に配属されても能力を発揮できない~」という使い方が分かりやすいはずです。

また、後者の場合は「あの人は本当に自分にとって苦手な人である~」という使い方が分かりやすいはずですので、参考になれば幸いと感じます。

「不得手」を使った例文

次は「不得手」を使った例文を書いていきます。

・『水雷出身の彼は、機動部隊の指揮は不得手である』
・『パソコン操作は不得手な分野である』
・『理数系が不得手すぎてストレスが溜まる』
・『不得手な場所に配属されてしまった』
・『不得手でも頑張っている人もいるようです』

「苦手」を使った例文

ここでは「苦手」を使った例文を書きます。

・『異動してきた係長が非常に苦手な人だ』
・『あの人のことは苦手と思ったら、性格まで合わない』
・『国語が苦手だ』
・『苦手な人とは付き合いたくない』
・『料理は苦手な分野だ』

「まとめ」

まとめとしては、「不得手」というのは専門外で得意ではないことを指しております。

また興味がないという時も使います。

そして、「苦手」というのは「不得手」と同じで得意ではないことをも意味しておりますが、どちらかというと対人関係の合う合わないを意味する色が強いのです。

しっかりと押さえておいてください。

押さえておくと、もっと具体的に使えるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典