スポンサーリンク

「不祥事」と「不始末」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不祥事」と「不始末」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不祥事」「不始末」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不祥事」とは?

関係者にとって、不都合なことや事件、好ましくないことや事件を意味する「不祥事」

一般的に社会からの信用、信頼を失うような行為を意味するものとなります。

「不祥事」の場合、個人が起こしたものでも、企業や団体が起こしたものでも、共通し「不祥事」と言います。

そのため、誰が起こしたのか関係なく用いることができる言葉です。

同じような意味を持つ言葉には、「汚職」「不正事実」「問題行動」「スキャンダル」などがあります。

「不祥事」の使い方

「不祥事」は基本、「起こす」「起こる」と一緒に用いられます。

「不祥事を起こす」「不祥事が起こる」などです。

そのほか、「不祥事に巻き込まれる」「不祥事が続く」「不祥事の責任をとる」などといった使い方もあります。

「不始末」とは?

「始末」に否定の「不」が付き「不始末」です。

「始末」には、始まりと終わりといった意味があり、その言葉に「不」が付く「不始末」には、後始末の仕方が悪いといった意味のほか、人に迷惑をかけるような行為、といった意味があります。

同じような意味を持つ言葉には、「不行き届き」「無用心」「不謹慎」「失体」「不注意」などがあります。

「不始末」の使い方

なんの「不始末」なのかを意味する使い方として、「火の不始末」「他人の不始末」「家族の不始末」などがあります。

そのほか、「不始末をしでかす」「不始末の処理」「不始末を見つける」などといった使い方も行います。

「不祥事」と「不始末」の違い

「不祥事」は、関係者にとって、不都合なことや事件、好ましくないことや事件を意味し、「不始末」は、後始末の仕方が悪い、人に迷惑をかけるといった意味があります。

このことから、「不祥事」「不始末」には、関係者に迷惑をかけるといった意味は同じですが、後始末の仕方が悪いといった意味は「不始末」にしかなく、「不祥事を起こす」「不始末を起こす」といったように同じような意味として用いることができる一方、「火の不始末」ということはできても、「火の不祥事」とは言うことができないといった違いがあります。

「不祥事」の例文

・『私の父は、不祥事の責任をとり会社を辞めることになりました。』

・『ここで、絶対に同僚が起こした不祥事に巻き込まれてたまるものか。』

・『彼が、不祥事を起こした張本人です。』

・『公務員の不祥事が続く中、新たな公務員の不祥事が表沙汰になってしまいました。』

「不始末」の例文

・『もう、息子の不始末の処理はこりごりです。』

・『とうとう、大きな不始末をしでかしてしまった。』

・『タバコの火の不始末ほど、怖いものはありません。』

まとめ

同じような意味を持つ「不祥事」「不始末」ですが、「不始末」にしか用いることができない使い方もあるため、その点には注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典