スポンサーリンク

「世間」と「社会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「世間」と「社会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「世間」「社会」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「世間」とは?

最初に「世間」(せけん)の意味をご説明致します。

「世間」の場合、自分をはじめとした人間が、生活しているところです。

一般的に、「世の中」を指しています。

「社会」とは?

次に「社会」(しゃかい)の意味を解説していきます。

「社会」の方は、基本的に様々な意味合いがあります。

先ずひとつは、先ほども解説したように、人間が暮らしている場所を示します。

これと同時に、ある程度の規模とされる団体の営みを指します。

その他にも、気の合う者同士が集まり、他の人などを区別することもあります。

また、動物の暮らす世界でも使うのです。

このように4つもの意味を持っているのです。

「世間」と「社会」の違い

ここでは「世間」「社会」の違いを説明します。

「世間」とは、人が生活している場所です。

基本、「世の中」になります。

また、「社会」も同様の意味でも使いますし、組織単位での営みをも意味します。

そして、動物の世界や、同じような者同士が集まって、他社を区別することでも用いられると伝えられます。

後者の場合は、多種多様に使えることがうかがえるのです。

「世間」と「社会」の使い方の違い

この項目では「世間」「社会」の使い方の違いを取り上げてみましょう。

「世間」を使うときは、「世の中」を意味するときなどに利用します。

具体例として、「世間を渡っていくのは、非常に辛いことが多い」「世間の方々に申し訳ない」です。

「社会」の使い方として、「大学を出てから、社会に出ていくのだ」は、上と同様「世間」を基準にした使い方です。

そして、「動物社会の中でライオンは王様だ」「警察組織は階級社会だ」「上流階級の社会は庶民とは違うのだ」などになります。

「世間」と「社会」の英語表記の違い

それでは「世間」「社会」の英語表記の違いを見てみます。

「世間」を英語にすると、「The world」になります。

「社会」は、「society」です。

前者の例は、「A sports player expected by the world」(世間から期待されているスポーツ選手です)となります。

後者は、「Since I went out into society, I have been rubbed by the rough seas. 」(社会に出てから、荒波に揉まれている。)となるのです。

「世間」を使った例文

この項目においては「世間」を使った例文を書いていきます。

・『3億円事件は世間を騒がせた事件として有名である』
・『世間は冷たい』
・『世間からのバッシングがあっても、屈しない精神力は凄いと思う』
・『世間一般的に、不景気なのです』
・『世間がどんなに変わっても、人の心は変わらないものです』

「社会」を使った例文

最後に「社会」を使った例文を書きます。

・『医者社会においては、ゴッドハンドを持つ彼です』
・『社会生活していくには、きちんと仕事と収入を得ることが必須です』
・『現代社会は事なかれ主義です』
・『動物社会で豚は、非常に頭の良い動物です』
・『社会貢献する会社に成長させたい』

まとめ

まとめとして、「世間」は、人間が生活する場所を意味します。

そして、「社会」も同様であると同時に、動物や組織的な営みをも表しているのです。

また、仲間同士の集まりが他の人を区別するときにも使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典