スポンサーリンク

「丼勘定」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「丼勘定」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「丼勘定」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「丼勘定」とは?意味

「丼勘定」は、元々の意味は、お金を支払う側が請求書を見ずにとりあえず手持ちのお金をすべて出して会計をするという物でした。

丼というのが職人さんが付けていた腰掛のことでここにお金を入れて起き、とりあえず急いでいるんでということですべてのお金を取り出して会計をすることを「丼勘定」と呼んでいたのです。

ですが、現在では、「丼勘定」は、レシートなどを渡さずに勘定を済ませることであると意味が変化しており、会計側が適当に会計を終えることであるとしています。

「丼勘定」の概要

「丼勘定」は元々は、会計をする側が適当のお金を払うという意味でした。

これは職人さんは会計においては支払いを急ぐあまり、とりあえず今あるお金をすべて出してから会計をするというのが「丼勘定」だったのです。

丼は、職人さんの前掛けのポケットが器のようになっているから丼と呼び、そこからお金を支払うから「丼勘定」と呼んでいたのです。

よってお金を受け取る側が適当にレシートも出さずに会計を終えることではありません。

お客様側の都合でお客様が急いでいるからとりあえず今あるお金で勘定するというのが「丼勘定」の元々の意味です。

「丼勘定」の言葉の使い方や使われ方

「丼勘定」は今現在では、会計側がレシートを出さずに会計を済ませた際に「丼勘定」というか、レシートを受け取れなかった側が会計に対して、「丼勘定」と呼んで言葉を使用します。

「丼勘定」を使った例文

・『レシートも無いし受け取ったお金もどう考えても足りない、丼勘定過ぎないか?』
この例は、会計を済ませた側がレシートも存在せず、受け取ったお金が間違っていることに気が付いた例です。

「丼勘定」は今現在では会計側が行う行為で、レシートを渡さず、とりあえず会計を終えたという意味になります。

この例の場合、お会計が間違っているのでとりあえず、お金だけ会計士が払ったという事実だけを意味します。

・『親方が材料費の計算について丼勘定を刷る名との命令だ』
この例は、とても良い親方さんで、適当に材料費を計算してはいけないと戒めています。

「丼勘定」はとりあえずお金を支払うことを意味し、正確性がありません。

よってこの場合お会計をしっかりとしようという意味になります。

まとめ

「丼勘定」は、今でこそ、会計士側が意図的に行うレシートや正確性に欠けるお釣りなどを渡す行為であると言われていますが、元々は、お客様側の都合でお客様が急いでいるが故、会計をすべての持ち金で支払うという物でした。

あまりにも、適当な金額を受け渡しするが故「丼勘定」は適当なお会計という意味に変化してしまい、現在では適当な会計という意味で通じます。

しかしながら、現在は、高度なレジという演算機械がありお釣りやお会計を自動で提出するのでまず、計算間違いという「丼勘定」は起きにくくなりつつあるのでこの言葉は、現在ではどちらかというとレジがお釣りを間違えるというよりは人間が計算間違いをしてお釣りを間違えるという意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典