「互助関係」の意味や類語、例文を紹介

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「互助関係」とは?

「互助関係」という言葉を知っているでしょうか。

誰かと「互助関係」を結んでいる人もいるでしょう。

一方で、「互助関係」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「互助関係」という言葉の意味を紹介します。

「互助関係」の読み方

「互助関係」「ごじょかんけい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「互助関係」「ごじょかんけい」と読みましょう。

「互助関係」の意味

「互助関係」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「互助関係」には、「互いに利益を得たり、利益を与え合う関係」という意味があります。

例えばA社とB者が互いに利益を得たり、利益を与え合うような関係にある時、「両社は互助関係にある」と言います。

またビジネスシーンだけでなくても、助け合い利益を分け合うような関係性の時は、「互助関係」という言葉を使ってみましょう。

このように「互助関係」という言葉には、「互いに利益を得たり、利益を与え合う関係」という意味があります。

「互助関係」を使った例文や短文など

「互助関係」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「互助関係」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「互助関係」を使った例文1

「私の住むエリアの住民は『互助関係』を結んでいる」

この例文のように住民同士が助け合い、利益を分け合っているような建設的な関係の時、「互助関係」を結んでいると言えるでしょう。

協力して地域の祭りを盛り上げ、住民が楽しんだり、収益を上げて分け合ったりする様子を「互助関係」と言います。

「互助関係」を使った例文2

「夫婦は究極の『互助関係』と言えるでしょう」

この例文のように、お互いの収入を持ち寄り分け合う夫婦は、究極の「互助関係」と言えるかもしれません。

企業同士の「互助関係」は展開により解消されるかもしれませんが、夫婦の「互助関係」は、離婚するまで続くためです。

「互助関係」の類語や類義語・言い換え

「互助関係」の類語や類似表現を紹介します。

「互助関係」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「フィフティフィフティ」

「フィフティフィフティ」には、「五分五分」「半々」という意味があります。

「私と彼はフィフティフィフティだ」という時は、二人の関係性は五分五分だという意味があります。

「もたれ合い」【もたれあい】

「もたれ合い」という言葉には、「利権などをめぐって互いに共犯関係にある様子」という意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典