「交友を持つ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「交友を持つ」

人は、毎日の生活の中で、色々な人との付き合いがあります。

学校に行けば、クラスメートやクラブ活動の仲間や先輩・後輩とのやり取りがありますし、社会人になると、さらに付き合いの幅が広がり、同僚や上司・部下だけでなく、取引先との会話や社外の人との交流も生まれてきます。

そのような時に使われる言葉が「交友を持つ」というものです。

この表現は普段の生活の中で、中でもよく使われる言葉ですが、頻繁に使われているからこそ、改めてこの言葉の意味や使い方を学んでみる価値がありそうです。

ここでは、この「交友を持つ(こうゆうをもつ)」について見ていくことにしましょう。

「交友を持つ」の意味

「交友」とは、「友人として交際すること」という意味があり、そのことから「交友を持つ」とは、「友人としての付き合いを持つ」という意味になります。

意味としては、そんなに難しい解釈ではありません。

「交友を持つ」の言葉の使い方

「交友を持つ」という言葉を使う場面としては、人生の中で、様々なことをきっかけに友人としてのお付き合いが始まることが多々ありますが、そのよう場合に「交友を持つ」というふうに言うことがあります。

一般的には、幅広い世界で多くの人達との交流や、普段では交際することが出来ないような人とのお付き合いが実現できた時に使われるような印象があるのですが、普段の友人関係の人達との間を示す場合でも何ら問題はありません。

「交友を持つ」を使った例文・短文(解釈)

では、ここから「交友を持つ」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「交友を持つ」の例文1

「ボランティア活動をしている人達と自分の同じ価値観を得ることで、交友を持つようになった」

社会人になると、実に様々な活動に参加する機会がありますが、その中でボランティア活動もあります。

無償の精神で奉仕する姿は、とても素晴らしく、そこで知り合った人達との出会いは、これからも同じ価値観で「交友を持つ」ことができる人達なのかもしれません。

「交友を持つ」の例文2

「社外出向したことによって、今までの会社以外の人達と交友を持つことができたことは、これからの多くな励みになります」

サラリーマン生活をしていると、どうしても人間関係がたった1つの世界に限定されることがあります。

しかし、社外出向ともなると、今まで全く縁のなかった人達との関係が始まることになるのですが、これも新たな「交友を持つ」いいチャンスと言えるでしょう。

「交友を持つ」の例文3

「教員生活を送る中で、著名な教授と交友を持つことで、今まで肝心の薄かった古典文学に強い関心を抱くようになる」

人との交流は、自分に色々な刺激を与えてくれることになります。

この例文では、教員生活をしていても、ほとんど肝心のなかった古典文学に関心を示すきっかけが、著名な教授のおかげだったわけです。

人生の中では、このような「交友を持つ」ということがあります。

「交友を持つ」の例文4

「多感な10代の時期に多くの仲間と広い交友を持ったことが後の音楽活動に大いに影響を与えていると思うのです」

自分の半生を振り返えり、今やっている仕事や活動の源(みなもと)は何がきっかけなのかを考えてみると、それは若い時代に「交友を持って」いた仲間のおかげだったということがあります。

この例文でも、おそらくプロのミュージシャンとして活動しているように人が自分の人生を振り返って見ると、やはり10代の頃に付き合っていた仲間達が音楽活動に大きく影響を与えているのでしょう。

「交友を持つ」ことは、その人の一生を良くも悪くも大きく左右することがあるのです。

できれば、このようないい「交友を持つ」ことが望ましいのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典