スポンサーリンク

「人手が余る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人手が余る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人手が余る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人手が余る」とは?意味

働き手が余ってしまうことを指す言葉で、有効求人倍率が1. 0倍を下回るような仕事であれば人が余っている状況と言えます。

2017年時点の一般事務の職業は0. 30倍となっており、人手が余っていることがわかるでしょう。

「人手が余る」の概要

その仕事の数に比べて仕事を求めている人のほうが多い状態であれば人手が余っているという状態になり、仕事には様々なジャンルがあり希望や適性などを含んで選ぶため、人手が少ない仕事を重点的に応募できるとは限らないということが人手が余る背景の一部としてあり、2021年時点ではコロナウイルスの影響での飲食店などの閉店、旅行業の売上減少、さらに企業業績の悪化に伴って求人そのものの絶対数が減っていることもあり、人手が余る状況になるとも言われています。

2019年辺りまではオリンピックによる建設業の需要増などで人手不足になっていました。

また2000年頃の就職氷河期と呼ばれた時代は企業が人員のスリム化、リストラ、新規採用の停止などを行っていた時代でこちらも人手が余る状態でした。

この状況は特に求職者からは改善が難しく、志望する仕事の幅を広げるという対策が挙げられますが根本的な対策とはいい難いでしょう。

企業側が求人を増やせればいいのですが、一人あたりの仕事時間を減らして従業員を増やす形式のワークシェアリングという概念が死語となってしまったことやコロナウイルスの状況では厳しく、政府に期待せざるを得ない部分もあります。

無職やニートは問題視されるものの、求人を減らすことは問題視されないというズレが人手が余る場合の問題がうまく行かない部分でもあると言えるでしょう。

「人手が余る」の言葉の使い方や使われ方

「人手が余るため早期退職を募る」「部署の人員をスリム化したため人手が余る」「2021年は人手が余る時代と言われる」「人手が余る結果無職の人が増えてしまう」「人手が余ると安くても働かざるを得ないということから低賃金の仕事でも人が入りやすくなる」などの言葉の使い方があります。

どちらかと言うとネガティブなシーンで使われる言葉で、人手不足のときよりも対処が難しい言葉と言えるでしょう。

「人手が余る」の類語や言いかえ

「人員が余剰になる」「過剰人員」「有効求人倍率が1. 0倍を切る」「人手が足りている」「職にあぶれる人が増える」などが類語となっています。

この中では意味が最も近い「人員が余剰になる」が最も言い換えとしては使いやすいでしょう。

まとめ

人手が余る状況は社会にとっては見過ごせない悪い状況となっており、一部職種で人手が余る状況にとどまっていれば済むのですが、そうでない場合は賃金の定価や景気の悪化の悪循環と言った社会不安を生み出しかねない方向に進んでいくことすらあり、インフラ整備などは人手を制御するためにあるという見方もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典