スポンサーリンク

「人為的」と「人工的」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人為的」と「人工的」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人為的」「人工的」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人為的」とは?

人為的とは、じんいてきという読み方をすべき言葉です。

文字で表現されたこの言葉を見れば分かる様に、自然な成り行きのままではなく人間が手を加える事とか人の仕業といった意味がある人為に、その様な性質を持ったものやそれらしい等の意味を持つ的の字を付け足す事で誕生した言葉となっています。

そのため人為的は、自然のままではなく人間の手が加わる様を意味する言葉です。

「人為的」の使い方

人為的は、人の行為を表す言葉として使われています。

良く見掛けるのが、人為的なミス、という表現です。

これは人間が介入する事でミスが生じてしまったという意味合いを表す際に使われています。

他にも、人為的な要因といった表現により、人間の手が加わる事で何かが起きたという意味合いを表す事が可能です。

要するに人為的とは、何かの目的のために自然に任せず人間が手を加えてしまう行為を表す際に、使用する言葉となっています。

「人工的」とは?

人工的とは、じんこうてきという読み方をする言葉です。

漢字で表記されたこの言葉を見れば理解出来ますが、自然の事物や現象に対し人間が手を加えるとか、人間の手で自然と同じ様な現象を起こすといった意味を持つ人工に、そういった性質を持ったものやそういった様子等の意味を有する的の漢字を加える事で成立した言葉となっています。

だからこそ人工的は、自然と類似した事物や現象を、人間がつくり出したり起こしたりする様を表す言葉です。

「人工的」の使い方

人工的は、人間の手によって自然を真似てつくり出された物に対して使用される事が多かったりします。

例えば人工的な砂浜、という表現で人間の手によってつくり出された砂浜を表す事が可能です。

同様に、人工的に雪を降らす、という言葉で、人の手によって自然を真似て雪を降らせる様子を表す事が出来ます。

「人為的」と「人工的」の違い

人為的と人工的は文字を見比べれば、2文字目に為と工という明確な違いがある事を発見する事が可能です。

ただしどちらも人が介入するといった、少し似通ったニュアンスや意味を持つため使い分けに迷う人もいます。

もっとも表す意味合いには、違いがあるのでそこを抑えれば使い分けに迷う事はありません。

まず人為的ですが、こちらは人間が手を加えるという行為に重きを置いた言葉です。

一方の人工的の方は、人間がつくり出した物に対して用いられる事が多い言葉となっています。

「人為的」の例文

・『あの事故は人為的なミスが原因で起こったらしい』
・『自然災害とは違い、人為的な災害は十分に避ける事が出来るはずです』

「人工的」の例文

・『ここは人工的につくられたスキー場です』
・『私は人工的につくられた食べ物に対しては、身体に悪そうだとの印象を受けます』

まとめ

2つの言葉を比べれば、2文字目に為の文字が付くか工の文字が付くかの違いがある事を見付ける事が可能です。

しかもその文字の違いにより、表す意味合いにも違いが生まれています。

人為的は、人が手を加える行為を表す言葉です。

対する人工的は、人がつくり出した物という意味を表す際に使用する言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典