スポンサーリンク

「介護」と「介抱」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「介護」と「介抱」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「介護」「介抱」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「介護」とは?

「介護」は、第3者が生活困難者に対して支援をすることでかろうじて生活ができる状況に持っていくことです。

その為、他者の生活を支える人物を「介護者」と呼ぶのは、「介護」を受けている人物の生活を支えているためです。

「介護」の使い方

「介護」は長期的に、日常生活が困難なものを支えることを指す場合、使用する言葉です。

そして、生活を支えるものを「介護者」と呼び、長期に至り、生活の支えを必要とする物を支えるものであると周囲に示します。

「介抱」とは?

「介抱」は、一時的に生活や生命活動が脅かされた者を救う行動です。

例えば、心配が停止し、救命措置を行い、対象者が持ち直せば「介抱」となります。

一方で、救命処置を行ったが、対象が死亡した場合、「介抱」は成立しません。

「介抱」は対象を救うことができないと、成立しないことが多いのです。

「介抱」の使い方

「介抱」は素人や専門家の方が一時的に対象となる人物の命や安全を確保している状況を示す場合使用する言葉です。

その為、救おうとしている者が死亡した場合、「介抱をした」という事実は残りますが、「介抱」が成功し、人を救うことが成立したとはならないです。

「介護」と「介抱」の違い

「介護」「介抱」の違いは長期に至り、対象の生活や安全を守るか否かです。

「介護」は、対象を長期的に見守り生活を支えますが、「介抱」は一時的な行動となります。

しかしながら、両者の言葉は実は資格を必要としていない点が共通しており、資格を必要とし、安全や健康を守ったり、生活を見守るのであれば、「看護」という言葉がふさわしい言葉です。

「看護」は治療も目的としており、日常生活において治療を必要とする物を救うという意味もあるため、看護の方がより、「看護」を必要とする人物の生活を救っているのです。

「介護」の例文

・『介護資格をお持ちですか』
この例は、日常生活困難者の生活を支える資格を持っているかどうかを問う例です。

というのも、日本では、日常の生活が困難なものを支える福祉サービスに従事する者は資格を有するためこの例ではその資格を所持しているかを確認しています。

「介抱」の例文

・『ちょうど今、介抱が終わった』
この例は、一時的な治療や安全を守る行動を第3者に対して行い無事成功したという例です。

成功したと言い切れるのは、介抱が終わったとある点があげられ、失敗している場合、「介抱」という言葉を使用することはなく、恐らく無くなったや治療が間に合わなかった、処置が間に合わなかったというはずです。

・まとめ

「介護」「介抱」の違いは、対象の生活や命を守る行動が長期に至るか、一時的であるかです。

一時的なのは、「介抱」「介護」は長期に至ります。

しかしながら両者ともに資格を有さずに実行することが可能で「看護」と比較した場合、誰でも実行することが許されており、対象者の命や生活を支える行動をとることが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典