スポンサーリンク

「介護クライシス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「介護クライシス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「介護クライシス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「介護クライシス」の意味

介護に関する危機的状況を指す言葉。

「介護クライシス」の解説

「介護クライシス」は、介護に関する危機的状況を表す言葉です。

「クライシス」には「崩壊」という意味があります。

介護の危機に関し、医療現場、介護現場、家庭内などで幅広く使われる言葉です。

「介護クライシス」の使われ方

「介護クライシス」は介護に関する危機全般を示す言葉として使われています。

医療現場、介護現場でこれまで実現できていた介護が実現不可能になった状態に対し使われるほか、家庭内で介護に関し悲惨な状況が起こっている場合に対しても使われます。

家庭内で使われる場合、「介護クライシス」「介護サービスを受けたいのに何らかの事情で受けることができず、家庭内介護をしている。

しかし介護者の負担が大きく、家族関係に悪い影響が出たり、介護者の就労・収入が著しく阻害されている」
など、要介護者が介護を受けられない状況だけでなく、介護者の危機的状況を示す場合にも使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典