スポンサーリンク

「休戦」と「停戦」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「休戦」と「停戦」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「休戦」「停戦」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「休戦」とは?

「休戦」「きゅうせん」と読みます。

意味は「戦争中に当事国同士が合意して、戦闘行為を一時中止すること」です。

主に、戦争の終結に向けて、当事国同士が話し合いをした結果、合意の上で戦闘を中止することをいいます。

戦闘は止まっても国交は開始されていない状態ですが、長期に渡る「休戦」の結果、終戦することが多くなります。

ここから転じて、日常で「争いごとや競っていることを一時中止すること」という意味で「権力争いは一時休戦状態だ」などと言うこともあります。

「停戦」とは?

「停戦」「ていせん」と読みます。

意味は「戦争中に当事国同士が何らかの目的の為に合意して、戦闘行為を一時中止すること」です。

「停戦」「休戦」と同様「戦闘行為を一時中止すること」という意味ですが、期間と目的が違ってきます。

「停戦」の場合、戦禍が酷くなって第三国が仲介したり、負傷者の手当てをする為に特定の地域で戦闘をやめたり、「休戦」「終戦」の交渉が行われたりします。

「休戦」と「停戦」の違い!

「休戦」「終戦に向けて合意の上、戦闘行為を長期間中止すること」です。

「停戦」「目的があって合意の上、戦闘行為を一時中止すること」です。

まとめ

今回は「休戦」「停戦」の違いをお伝えしました。

「休戦は戦争終結に向けて行われる」「停戦は一時的に行われる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典