スポンサーリンク

「住戸」と「住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「住戸」と「住宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「住戸」「住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「住戸」とは?

集合住宅のひとつひとつのすまいのことです。

マンションやアパートなどは、大きな建物の中にひとつひとつ区切られた住む場所があります。

このひとつひとつの区切られた住む場所には、マンションやアパートによって違いますが、トイレ、洗面所、台所、リビングなど生活するためのものがそろっています。

場合によっては眠るスペースしなかないこともありますが、玄関があって、そこを開けて入ったスペースは個人的なものになります。

各家庭がそれぞれ所有をしたり、借りたりしているのです。

マンションなどいくつものすまいが集まった建物の、一戸一戸を指している言葉になります。

「住戸」の使い方

ひとつの建物の中に、いくつもの住まいがある建物の、一戸一戸を指して使用をします。

住宅を扱う企業が主に使用する言葉で、普段生活をしていて使うことは少ないです。

「住宅」とは?

「住宅」には2つの意味があります。

1つめは、人が眠ったり、食事をしたりなどするための家です。

人間には、雨風を防ぐ、食事をする、眠る、着替える、お風呂に入るなどをするための場所が必要です。

そのための場所として「家」というものを持っています。

日本の場合は、木材や鉄筋などで柱となるものを作り、その周囲に壁を作り、さらに上に屋根をのせて、「家」を作ります。

壁と屋根があるので、雨風や寒さを防げます。

壁があるおかげで外から中を見られることがなく、プライバシーがあるていど保護されます。

そのため、安心して眠ったり、着替えたりすることができます。

こういったことをするための建物を指している言葉です。

もう一つの意味は、住まいとすることです。

暮らしをする場所にするという意味になります。

「住宅」の使い方

2つの意味がありますが、1つめの意味で使用をすることが多いです。

生活をするために今住んでいる場所というよりも、「住宅展示場」のような、建物のことを指して使用されます。

「住戸」と「住宅」の違い

どちらも人が住むためのものを指しているのですが、同じものではありません。

前者の言葉は集合住宅に関して使用される言葉です。

集合住宅は、複数の住む場所が集まった建物です。

複数の住む場所のひとつひとつを前者の言葉は指しています。

後者の言葉は、人が住むための建物を指しています。

「住戸」の例文

・『住戸を探している』
・『優れた設備を備えている住戸』
・『いい住戸があったら教えてください』
・『こだわりのつまった住戸です』

「住宅」の例文

・『住宅が密集している地域』
・『縁側つきの平屋住宅にあこがれる』
・『これは仮設の住宅です』
・『住宅の一部が壊れる』

まとめ

人が住む場所を意味している2つの言葉ですが、同じものを指しているのではありません。

一方は集合住宅の一戸一戸、もう一方は住むための建物を指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典