スポンサーリンク

「依頼」と「指示」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「依頼」と「指示」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

複数の人と協力して物事を進めるときに重要なのが「依頼」「指示」です。

他人を上手く使うのが成功のコツですが相手に対して「依頼」するべきかそれとも「指示」するべきか使い分けを間違えるとトラブルになりません。

具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「依頼」「指示」の違いを分かりやすく紹介します。

スポンサーリンク

「依頼」とは?

「依頼」とは、誰かに物事を頼み任せることを意味します。

簡単にいえば誰かに頼んで何かをしてもらうのが依頼であり何かを成し遂げる目的で本人以外の誰かの力を頼るときにふさわしい表現です。

依頼にはお願いするというニュアンスが含まれます。

依頼は基本的に同じ立場同士の関係において成立するものであり一方的に強制力を用いて頼み事を引き受けさせるようなケースは当てはまりません。

引き受けるかどうかの判断は依頼された側にあります。

依頼には他人の力を当てにするという意味合いが含まれています。

もともとは自分の力ではできないことを頼むときに用いられることが多かったのですが現在では単に頼み事をするという意味でも使われています。

「指示」の使い方

・仕事を依頼する。

・依頼を引き受けるかどうかは君次第だ。

・弁護を依頼するために事務所を訪れる。

・受賞をきっかけに依頼が殺到する。

「指示」とは?

「指示」とは、他人に対し指図するという意味の言葉です。

もともとは単に指し示すことを意味する言葉でしたが人を使って作業をする際に方向や内容を指し示す様子から転じて指図することをそのものの意味でも使われています。

指示という言葉は主従の関係が成立している時にのみ用いられます。

指示を出す主体は支持を受けて行動する非主体者に対し責任と権限を有する植の立場を取ります。

階級や役職が植の人間が非支持者になることもありますが、指示を伴うその作業単体で見れば指示を出す人物が主体として上下の関係が成立します。

指示という言葉には強制力が含まれています。

ケースにより強制力の強さは異なるものの相手を従わせて特定の行動を取らせるのが指示であり命令の要素が多分に含まれます。

「指示」の使い方

・上司の指示に従う ・指示通りに行動すれば必ずうまくいく。

・指示が分かりにくいと現場が混乱する。

・指示を待たずに行動する

「依頼」と「指示」の違い

「依頼」「指示」の大きな違いは両者の関係性です。

依頼は対等な立場で行われるものですが指示にはは上下関係が存在します。

また依頼は受けるか受けないかの選択権がされた側にありますが、指示は基本的に拒否することができない強制力を伴います。

「指示に従う」という表現でも明らかなように指示する人とされる人の会田には明確な主従の関係が存在します。

目上の人に対して依頼するのは問題ありませんが支持するのは無礼な行為に当たります。

専門的な知識が必要な作業や緊急時など一時的に立場を無視して支持するケースもありますが基本的には指示は下の立場に対して出されるものです。

まとめ

「依頼」「指示」には似たようなニュアンスが含まれますが明確な違いのある全く別の言葉です。

使い方を間違えるとトラブルになりかねません。

それぞれの意味を正しく認識してふさわしい使い方を心がけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典