スポンサーリンク

「偉丈夫」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「偉丈夫」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「偉丈夫」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「偉丈夫」とは?意味

体が大きくて、いかにも強そうな男、また人格の優れている男という意味です。

男性のことを指しており、女性のことではありません。

「偉」は、大きい、りっぱな、すぐれているという意味を持つ漢字です。

大きいとは、面積や容積などが、広い空間や場所を占めることをいいます。

「丈夫」はしっかりしていて形が歪んだり破けたりしにくいさま、健康を与えられているさまという意味があります。

こういったことから「偉丈夫」とは、健康的で大きい、つまり体が大きくていかにも強そう、優れている、つまり人格が他よりもまさるという意味になります。

「偉丈夫」の概要

人間の体格は人それぞれです。

大きくて立派な体格の男性のさまを、この言葉は意味します。

日本人男性の平均的な身長は170cmほど、体重は68kgほどです。

これくらいの身長、体重を普通だとすると、これよりも身長が高く、体重が重い体を、体つきがりっぱということができるでしょう。

身長だけが高い、体重だけが多いという場合は、体つきがりっぱには見えないことがあります。

たとえば、身長が180cm、体重が50kgの男性がいたとします。

身長が高く、体重が低い体型です。

この場合、ひょろひょろとした見た目です。

元気がなさそうだと、風が吹くだけでも倒れてしまいそうな印象を受けます。

身長が150cm、体重が100kgの場合、横幅はありますが、縦の長さがありません。

この場合、どっしりした印象や、ぽっちゃりした印象を受けます。

力士のような体型なら、身長が低くてもりっぱな体型のように感じるでしょうが、筋肉が少ないとぽっちゃりな印象になります。

「偉丈夫」は体型のことだけでなく、人格の意味もあります。

人格が人よりも優れているさまをいいます。

優れた人格とはどのようなものなのか、はっきりとした定義はありません。

しかし、人に悪いことをしないことだけは確かです。

信号を無視する、高齢者がいるのに優先席に座るなどはしないことでしょう。

「偉丈夫」の言葉の使い方や使われ方

体つきがたくましい男性のことや、人格が優れている男性のことを指して使用をします。

女性には使用しないことが一般的です。

大型犬は体つきがしっかりしていますが、動物にも使用しません。

日常会話で使われることは少なく、文章で使われています。

「偉丈夫」の類語や言いかえ

体つきのことでは「強靭」が似た意味を持つ言葉です。

動きがなめらかで強いさまを意味します。

人格については「人格者」が似た意味を持つ言葉です。

すぐれた人間性を持っている人物をいいます。

まとめ

人間にはさまざまな体格の人がいます。

細い人もいれば、どっしりとした人もいて、身長が高い人もいれば、低い人もいます。

また、さまざまな人格の人がいます。

この言葉は、体格がたくましい男性や、人格が優れている男性を意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典