「優良企業」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「優良企業」について

就活をすると、優良企業という言葉を聞く人もいるのではないでしょうか。

その一方でブラック企業等という言い方もありますよね。

優良企業はホワイト企業等という別名を持つこともあります。

ここではそんな優良企業について説明します。

「優良企業」の意味

優良企業というのは一般的に社員から信頼されており、消費者からも求められていて需要がある、そして授業が安定している、などといった企業を指します。

実は定義は明確にはなっていません。

しかし一般的に継続性があり、需要があり、従業員から信頼されているホワイト企業であれば優良企業と言って問題ありません。

そのためには財務状況がしっかりとしている、安定的に成長している、事実力がある、社会貢献をしている、などといった側面も大切です。

「優良企業」の言葉の使い方

優良企業といった言葉は、優良企業の説明をする時にも使われますし、就活生に対して「優良企業に就職しよう」などといった意識が供する時にも使われます。

優良企業は名詞として使われますので、比較的柔軟の使い方ができます。

「優良企業」を使った例文

ここでは優良企業という言葉を用いた例文をいくつか紹介します。

「優良企業」の例文1

「優良企業とは一体どのような企業ですか?」

就活生の中には、就職するならば優良企業が良いと思っているにもかかわらず、そもそも優良企業がどのようなものなのかわからないという人も珍しくありません。

中にはお給料が良い企業こそ優良企業だと思っている人もいるのです。

確かにブラック企業は収入が少なく残業が多いといったイメージがありますから、収入があって残業が少ない企業であれば優良企業だと勘違いしている学生がいても無理は無いのかもしれません。

そのため、就職ガイダンス等では優良企業とは一体何なのか、と質問が出ることもあります。

「優良企業」の例文2

「自分にとって良い優良企業を見つけよう」

優良企業だからといって全ての企業が良いというわけではありません。

仕事にはあらゆる分野がありますから、自分に合った分野の仕事を見つけることができなければ仕事を始めてからなかなか辛くなってしまうでしょう。

そのため、優良企業だから良いというわけでは無いのです。

自分が働きたいと思う業界で優良企業を見つけることが大切です。

だからこそ、早めに就活ガイダンスなどに参加し、遅れをとることなく就活を進めていくことが重要です。

「優良企業」の例文3

「周りに流されて優良企業を見失わないほうがいいよ」

就活というのはなかなか大変なものです。

自分はしっかりとやっているつもりであったとしても周りから遅れをとってしまう、自分は確かにできているにも関わらずつい周りと比べてしまう、という事は珍しくありません。

そんな中、周りから「そこは優良企業だから」と言われて疑うこともなく就職してしまい、後からショックを受けるという人も少なくありません。

例えば東証一部上場企業などの場合、確かに優良企業に感じますよね。

しかしその一方で土日も出勤しなければならず、当たり前のように上司からきつい言葉を浴びせられ、給料は高いけれど残業だらけで家族と過ごす時間もない、という状態ではなかなか優良企業には思えないのではないでしょうか。

それより、決して高くはないけれどそれなりに収入があるため土日は休みで有給を使うことができる、といった仕事のほうが楽だと感じる人もいるでしょう。

このように優良企業の定義は人によって違います。

周りから「その企業はいいよ」と言われたからといって鵜呑みにしてはいけないのです。

「優良企業」の例文4

「優良企業を見定めよう」

就活をするときにはしっかりと優良企業を自分なりに見定めることが大切です。

ブラック企業であったとしても優良企業と見せかけていますので、正しい優良企業を自分なりに見つけていかなければいけません。

インターネットや新聞などでしっかりとその会社の状態をチェックし、説明会には積極的に参加しましょう。

中小企業であってもしっかりとした優良企業は存在するものです。

そのため大企業でなければいけないというわけではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典