「先期」と「前期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「先期」と「前期」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「先期」「前期」の違いを分かりやすく説明していきます。

「先期」とは?

「先期(せんき)」とは、「現在よりもひとつ前の期間(時期)の区切りを指示している慣用的な表現」を意味しています。

「先期」「前期」とほぼ同じ意味を持っている同義語ですが、「先期」という言葉は「前期」ほど一般的な用法で使われるわけではなく、使われる場面がかなり限定されます。

「先期」の表現は特に「企業の四半期決算の売上・利益の報告」などで使われることが多く、「先期の売上を超えることが当座の目標です」といった例文で使用することができます。

「前期」とは?

「前期(ぜんき)」とは、「今よりもひとつ前の時期・期間」のことを意味している言葉です。

また「前期」には「前期・後期」「前期・中期・後期」のように、「ある期間を二つまたは三つに分割した際の、前の方の期間(区切り)」といった意味合いもあります。

例えば、「大学の前期の講義が今日で終わりました」などの文章で使用されます。

「先期」と「前期」の違い!

「先期」「前期」の違いを、分かりやすく解説します。

「先期」「前期」「現在よりもひとつ前の時期・期間(区切り)」といった同じ意味を持っていますが、「先期」よりも「前期」のほうが一般的に多く使われる表現であるという違いがあります。

例えば、「大学の前期の試験」とは言っても、通常は「大学の先期の試験」という言い方はしないのです。

「先期」という表現は、特に「企業の四半期ごと(一定期間ごと)の決算報告において、ひとつ前の区切りの時期・期間」のことを意味して使われるという、「前期」との違いを指摘できます。

例えば、「先期のマーケティングはあまり効果が出なかったので、今期は広告宣伝を工夫していくことが課題です」という文章の「先期」「前期」に言い換えると、少し不自然な印象を感じる文章になってしまうのです。

また「前期」には「ある期間を二つあるいは三つに分けた時の、前の方の期間(前期・後期あるいは前期・中期・後期の前の方の期間)」の意味がありますが、「先期」にはそういった意味合いがない違いもあります。

まとめ

「先期」「前期」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「先期」とは「企業の決算報告などにおいて、ひとつ前の時期・期間(区切り)を示す慣用的な表現」を意味していて、「前期」「ひとつ前の時期・期間」「ある期間を二つあるいは三つに分割した場合の、前の方の期間」のことを意味している違いがあります。

「先期」「前期」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典