スポンサーリンク

「公務員」と「みなし公務員」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「公務員」と「みなし公務員」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「公務員」「みなし公務員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「公務員」とは?

「公務員(こうむいん)」とは、「国・地方自治体・国際機関等の公的機関に雇用されて、非営利の公務・公共サービスに従事して社会・人々のために働いている人やその職業」を意味しています。

「公務員」というのは、「民間企業ではない公的機関に雇われて公共性の高い仕事をする人」「長期雇用・収入・年功賃金の安定性で優れている職業」なのです。

「みなし公務員」とは?

「みなし公務員」とは、「国家公務員法・地方公務員法上の公務員ではないが、公共性・公益性の高い仕事を民間企業でしていて、公務員同等とみなされている人やその職業」を意味しています。

「みなし公務員」「郵便局・公共インフラ・国立大学」などに雇用されて公共性のある仕事に従事する人のことです。

「みなし公務員」は公務員同等の労働待遇を受けられますが、公務員に適用される刑法の一部(接待・贈収賄の禁止)も適用されます。

「公務員」と「みなし公務員」の違い!

「公務員」「みなし公務員」の違いを、分かりやすく解説します。

「公務員」「みなし公務員」はどちらも「公共性・公益性の高い職務に従事している安定した職業やその人」を意味していますが、「公務員」とは「国・地方自治体・国際機関等の公的機関に雇用されて、非営利の公務・公共サービスに従事している人」を意味しています。

「公務員」に対して「みなし公務員」というのは、「法律に基づいて公的機関に雇われている公務員ではないが、郵便局・公共インフラなどの公益性の高い民間企業・第三セクターで働いている人」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「公務員」「みなし公務員」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「公務員」とは「国・地方自治体・国際機関等で雇用されて、非営利の公共サービスに従事する人」を意味していて、「みなし公務員」「国家公務員法・地方公務員法上の公務員ではないが、公務員同等とみなされて公務員に適用される刑法の一部が適用される職員」を意味している違いがあります。

「公務員」「みなし公務員」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典