「具現化」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「具現化」

「具現化」「ぐげんか」と読む言葉です。

ビジネスシーンではよく聞く言葉ですので、馴染みのある人も多いでしょう。

しかし、言葉のイメージはぼんやりと分かっているけれど、詳しい意味を問われると困ってしまう、という人が多い言葉の1つではないでしょうか。

「具現化」の意味

「具現化」には、考えなどを具体的に形にすること、現実のものにすること、という意味を持つ言葉です。

「具現」は、具体的に現すこと、を意味する言葉で、それに「化」が付くと、具体的な状態に変わる、具体的な状態に変える、という意味合いになるのです。

「理想を具現化する」「アイデアを具現化する」という表現をよく聞きますが、考えやアイデアのように形のないものを、実際に形のあるものにする、現実する、というようなことを表しています。

「具現化」の言葉の使い方

「具現化」という言葉の使い方を説明するにあたっては、「イメージを具現化する」という文章が分かりやすいでしょう。

イメージというのは人の頭の中にある考えで形のないもので、これを形ある具体的な物にすることを表している文章です。

例えば、「蝶が飛ぶイメージを具現化した作品」であれば、ふわりふわりと舞う蝶の可憐なイメージや、華やかで優雅な蝶のイメージなどを形にした作品、ということになります。

同じものを見ても、それに対してどんなイメージを抱くかは人によって様々ですので、イメージの具現化に正解はありません。

「具現化」を使った例文・短文(解釈)

「具現化」の意味や使い方が分かったところで、この言葉を使った例文をご紹介しましょう。

「具現化」の例文1

「長い時間かけて練り上げてきた構想を、ようやく具現化する機会に恵まれました」

この文章は、頭の中で長年練り上げてきた構想を、具体的に形あるものにする機会がようやくやってきた、という意味になります。

映画の構想であれば、環境が整ってようやく制作に入れるということになるでしょうし、新製品の構想であれば、ようやく会社からゴーサインが出て、製作に着手できるということになるでしょう。

「具現化」の例文2

「捨てられたペットを世の中からなくすという理想を具現化した施設を作りたいと考えています」

この文章は、捨てられたペットがいない世の中にしたいという理想の下、そのような不幸なペットを保護する施設を作りたいと考えています、という意味になります。

理想の世の中になるように、飼い主のいなくなったペットを引き取ったり、里親を探したり、といった活動をするために必要な施設を作るということです。

「具現化」の例文3

「新たに開発した商品は、消費者のニーズを具現化したものとなっています」

この文章は、消費者の声を集めて、それを反映させた新商品を開発しました、という意味になります。

開発者が考える理想的な商品と、消費者が考える理想的な商品は、必ずしもイコールであるとは限りません。

売れる商品を世に出すためには、消費者の目線で開発することも大切なのです。

しかし、消費者のニーズにぴったりと合った商品を開発することは簡単なことではなく、多くの開発者が頭を悩ませるのでしょう。

「具現化」の例文4

「何度も頓挫しかけた企画でしたが、なんとか具現化に漕ぎつけました」

この文章は、企画のアイデアを形にしようとする過程で、困難にぶつかり、何度も諦めなくてはいけない危機を乗り越えて、なんとか形にすることができました、という意味になります。

形ないものに形を与えようとする時には、様々な困難にぶつかることもあります。

頭で考えていたものが、そのままスムーズに形にならないことも多いのです。

諦めずに続けられる意志の強さが必要で、時には妥協する潔さも必要とされるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典