スポンサーリンク

「内見」と「下見」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「内見」と「下見」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「内見」「下見」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「内見」とは?

「内見(ないけん)」とは、「不動産の賃貸契約・売買契約などに際して、契約の前に建物の内部を実際に見ること」を意味している不動産用語です。

例えば、「賃貸物件を借りる時には、必ず複数の物件を内見してから選ぶようにしています」などの例文において使用することができます。

また「内見」という表現には、「表立てることなく内々で見ること・内覧すること」といった意味合いもあります。

「下見」とは?

「下見(したみ)」とは、「事前に、実際のものや場所などを見て調べておくこと」を意味している言葉です。

「下見」の表現には、「前もって、書類・書物などに目を通して大まかな内容を知っておくこと」といった意味合いも備わっています。

例えば、「明日の試合に備えて、会場を下見しておきました」「会議で使う書類の下見をするようにと上司から指示を受けました」などの文章で使うことができます。

「内見」と「下見」の違い!

「内見」「下見」の違いを、分かりやすく解説します。

「内見」「下見」はどちらも「事前に、実際のものを見ること」という共通の意味を持っていますが、「内見」という表現は「主に不動産の賃貸・分譲の物件の内部を、契約前に実際に見ること」を意味しています。

「内見」は賃貸契約に関する不動産用語としてよく使われますが、「内見」「下見」という言葉に言い換えること自体は可能です。

「内見」に対して「下見」というのは、不動産物件も含めて「事前に、実際のものや場所を見て調べておくこと全般」を意味している違いがあります。

また「下見」には「内見」にない、「前もって、書類・本の内容などに目を通しておくこと」という意味合いも備わっています。

まとめ

「内見」「下見」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「内見」とは「不動産の賃貸契約などに際して、契約前に建物の内部を実際に見ること」「表立てずに内々で見ること」を意味していて、「下見」「前もって、実際に実物・実際の場所を見て調べておくこと」「事前に書類などに目を通しておくこと」を意味している違いがあります。

「内見」「下見」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典