スポンサーリンク

「処刑」と「死刑」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「処刑」と「死刑」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

罪を犯したものに対して使われる言葉に「処刑」「死刑」があります。

どちらも刑罰を執行する際に用いられる言葉ですがどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「処刑」「死刑」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「処刑」とは?

「処刑」とは「刑に処すること」という意味の言葉です。

「処刑」が意味するものは「罪を犯したものに対しその罪味を償う目的でさまざまな刑罰を執行する」というものです。

一般的には死をもって償う刑罰が執行されるときに用いられることが多いですが刑罰の内容についての決まりや制約はなく、罰金刑や懲役刑などに対して「処刑」という表現を用いることも可能です。

今日の現代社会においては国家機関による逮捕、裁判を経て刑が確定したものに対して刑罰が課されることを指して「処刑」と表しますがそのような法的手続きに基づかないケースで使用されることもあります。

例えば反体制派が独自の正義感に基づいて政府高官を暗殺するような場合、反体制派側は自らの行った暗殺行為に対し正当性を主張する意味を込めて「処刑」と表現することがあります。

「処刑」の使い方

・殺人事件の犯人が処刑される。

・独裁国家ではトップの好き嫌いで処刑されてしまう人が少なくない。

・革命は王家の処刑により幕が降ろされた。

・ここはかつて処刑が行われた場所だ。

「死刑」とは?

「死刑」とは「対象の命を奪う刑罰」のことです。

「死刑」はあらゆる刑罰の中で最も重いとされる刑罰です。

罪を犯したものの命を持って償いとするのが「死刑」であり、生命の存続が前提となるその他の刑罰とは一線を画します。

刑罰の種類としては最も古いもののひとつとされ古代からさまざmな方法による死刑が行われきたと伝えられています。

「死刑」の方法はいろいろありますが、現代では人の命を奪うという行為そのものに強い残虐性があるという意見が強く世界的には廃絶の声が高まっています。

欧米を中心に廃止する国が増えつつありますが重大犯罪に対する刑罰としてこれ以上ふさわしいものはないという意見も強く対立が続いています。

「死刑」の使い方

・被告人を死刑に処す。

・5年ぶりに死刑が執行された。

・死刑ほど非人道的な刑罰はないという声が高まっている。

・最高裁で死刑判決が覆される。

「処刑」と「死刑」の違い

「処刑」「死刑」の違いは意味する刑罰の内容です。

「処刑」が全ての刑罰を指すのに対し「死刑」は対象の命を奪う刑罰のみを指す言葉です。

「死刑」に処されることを「処刑」と表現することは可能ですが逆は不可能です。

「死刑」は数多くの種類がある「処刑」のひとつであり懲役や罰金などと同じ刑罰の種類を指す言葉です。

「処刑」はそれら全ての刑罰が執行されることを指す表現です。

まとめ

「処刑」「死刑」は似たようなシチュエーションで使われることが多く混同されやすいですが全く異なる意味を持つ別の言葉です。

きちんと使い分けないと意図が正確に伝わらないので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典