スポンサーリンク

「出勤時間」と「勤務時間」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出勤時間」と「勤務時間」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社に勤めていると、「出勤時間」「勤務時間」に縛られて生活することになるのが珍しくありません。

この記事では、「出勤時間」「勤務時間」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出勤時間」とは?

「出勤」とは、仕事に出かけること、勤務先へ出かけることという意味があります。

「時間」は、ある時刻のことを意味します。

つまり、「出勤時間」とは、勤務先へ出かける時刻のことという意味になり、勤務先に向かうために自宅などを出る時刻のことを指します。

仕事が始まる時間のことは「始業時間」「始業時刻」といいます。

「始業」には、その日の業務を始めることという意味があります。

「出勤」の反対語は「退勤」です。

「退勤」とは、その日の業務を終えて、勤め先から出るとことをいいます。

「勤務時間」とは?

「勤務」には、会社などの勤め先に行って仕事をすることという意味があります。

類語は「働く」で、仕事をすることをいいます。

「時間」には複数の意味があるのですが、「勤務時間」というときには、ある一定の長さに区切られた時を意味して使われています。

つまり、「勤務時間」は、会社などの勤め先に行って仕事をしている時間ということになります。

「出勤時間」と「勤務時間」の違い

「出勤時間」は、勤務先に向かうために自宅などから出る時間のことです。

「勤務時間」は、仕事をしている時間のことです。

「出勤」をして会社などにつき、「始業」の時間になったら仕事を始め、「退勤」の時間になったら会社などを出ます。

「始業」から「退勤」までの仕事をしていた時間が「勤務時間」です。

まとめ

「出勤時間」「勤務時間」も会社などに勤めている人にかかわりがある言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典