「分野」と「業界」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「分野」と「業界」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分野」「業界」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「分野」とは?

「分野」の意味と使い方について紹介します。

「分野」の意味

「分野」「ぶんや」と読みます。

意味は「人が活動する内容について、ある方面や範囲に分けた領域のこと」です。

「分野」の使い方

「分野」は、人が携わるものごとを、ある基準により方面や範囲で分けた一つのまとまりのことを言います。

全体として一つのものがあり、それをある方向性や共通性で分けた領域に対して使われます。

例えば、「スポーツの分野」という場合、「球技・格闘技・個人競技」など、具体的な種目ではなく、どの様な傾向の競技であるかを分けたものを言いますj。

その分けた領域に関して得意であったり、長く続けている人は「その分野に長けている」と言います。

「業界」とは?

「業界」の意味と使い方について紹介します。

「業界」の意味

「業界」「ぎょうかい」と読みます。

意味は「同じ産業や商業に関係する人々の社会」「マスコミ・広告など情報産業に関係する人々の社会」になります。

「業界」の使い方

「業界」は、企業を産業で分類して、そこに属する人達のつながりのことを言います。

企業が扱っている商品やサービスについて、同じ商品や似た様な商品を扱っている企業をひとまとめにして、そこで形成される社会のことを言います。

その企業にとっての主力商品により分けられることが多く、共通する部分が多い為に、情報交換ができるというメリットがあります。

「業界人」はその「業界」において長く勤めている人であり、「業界用語」は全く違う分野の企業では使われない専門用語のことを言います。

「分野」と「業界」の違い!

「分野」「人が活動する内容について、ある方面や範囲に分けた領域のこと」です。

「業界」「同じ産業や商業に関係する人々の社会のこと」です。

まとめ

今回は「分野」「業界」の違いをお伝えしました。

「分野は人の活動の範囲」「業界は企業の産業の範囲」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典