スポンサーリンク

「別離の悲しみ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別離の悲しみ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「別離の悲しみ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「別離の悲しみ」とは?意味

「別離の悲しみ」「別離」とは、文字通り「別れ、離れること」を意味する言葉です。

しかし、言葉のニュアンスには、自分の意思で別れると言うよりも、どうする事も出来ない事情から「別れ、離れる」場合を意味する言葉と言えます。

従って、「別離の悲しみ」とは、「自分達ではどうする事も出来ない事情から別れ、離れざるを得ない事に対する深い悲しみ」と言う意味で使われる事が多い慣用句だと言えます。

「別離の悲しみ」の概要

前項のように、「別離」「自分達ではどうする事も出来ない事情からの別れ、離れざるを得ないこと」のニュアンスからすれば、最も典型的なケースとしては「死別」がこれに当たります。

また様々な理由から親子が一緒に暮らす事が出来ず、子供を他人に託す様な場合も、これに当たると言えるでしょう。

一方で「離婚」の場合には、夫婦の間で原因が生じたものであり、この「自分達ではどうする事も出来ない事情からの別れ、離れざるを得ないこと」には当たらないと言えます。

また卒業等で仲間が別々の道を歩む事で生じる別れも、また会おうと思えば簡単に会える別れと言えますので、この「別離」の言葉のニュアンスには当たらないと言えます。

もちろん、ここで示したニュアンスが違うと言った内容に対して「別離」を使っても、間違いとは言い切れません。

ただ、単なる別れに「別離」と言う言葉を使うのは重すぎる事は、知っておくと良いでしょう。

ちなみに、仏教用語には「愛別離苦」という言葉があります。

これは死別等を念頭に置いて「愛するものと別れ、離れなくてはいけない苦しみ」という意味です。

親子や兄弟や夫婦でも、生きている間には「愛別離苦」と言う苦しみに出会うもので、それは不可避だと言う考え方です。

この苦しさ、悲しみを克服する精神力を培うために、仏道に励むというものです。

「別離の悲しみ」の言葉の使い方や使われ方

「別離の悲しみ」は、『あのシングルマザーは極貧の中で、子供の幸せを考えて我が子を養子に出しました。その別離の悲しみは如何ばかりかと思われます。』や『彼女は敬愛していた母親との永遠の別離の悲しみに打ちひしがれています。』の様に使われます。

「別離の悲しみ」の類語や言いかえ

「別離の悲しみ」「別離」の類語としては、「別れ」「離別」「決別」などが挙げられ、「別離の悲しみ」「別れの悲しみ」「離別の悲しみ」「決別の悲しみ」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「別離の悲しみ」「別離」とは、文字通り「別れ、離れること」を意味する言葉です。

ただし、ニュアンス的には「自分達ではどうする事も出来ない事情からの別れ、離れざるを得ないこと」を指す事が多い言葉です。

従って「別離の悲しみ」とは、「自分達ではどうする事も出来ない事情から別れ、離れざるを得ない事に対する深い悲しみ」を表現する慣用句と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典