スポンサーリンク

「前借り」と「前払い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「前借り」と「前払い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「前借り」「前払い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「前借り」とは?

「前借り」「まえがり」と読みます。

意味は「賃金など報酬を、受け取るべき期日よりも早く貰うこと」です。

月給制で労働契約している場合、給与は毎月決まった日に支払われます。

しかし、生活費が足りない、まとまったお金が必要になったなどの場合、会社と交渉して、支払日よりも前に賃金を受け取ることを言います。

当然ながら次の支払日までの感覚が長くなる上に、給与計算の締切日までは必ず労働しなければなりません。

会社によっては認められないことも多くなります。

「前払い」とは?

「前払い」「まえばらい」と読みます。

意味は「前もって賃金や料金などを支払うこと」です。

商品やサービスに料金が発生する場合、消費者が先に料金を支払ってから利用したり、雇用者が先に賃金を払ってから労働させることを言います。

その商品やサービスの権利は、支払った側に移ることになります。

「前借り」と「前払い」の違い!

「前借り」「賃金など報酬を、受け取るべき期日よりも早く貰うこと」です。

「前払い」「前もって賃金や料金などを支払うこと」です。

まとめ

今回は「前借り」「前払い」の違いをお伝えしました。

「前借りは先にお金を貰うこと」「前払いは先にお金を払うこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典