スポンサーリンク

「励ます」と「応援する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「励ます」と「応援する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「励ます」「応援する」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「励ます」とは?

「励ます」とは、相手を元気になるよう、勇気を出せるように力づけることを言います。

「励ます」の方法として、声をかける、手紙を書く、メールを送るなどがあります。

いずれの方法でも直接的に相手に「言葉をかける」というのは同じです。

「親友のいいところをLINEで伝え励ます」「失敗した同僚に、酒を飲みながら励ますと立ち直ってくれた」などと、使います。

「応援する」とは?

「応援する」とは、手助けをすること、歌を歌う、声をかける、心の中で祈るなど、相手を元気づけることを言います。

一般的には相手に対して「頑張って」と声をかけたり、祈ることを「応援する」と言います。

試合に勝って欲しい、仕事で成功して欲しい、物事が上手くいって欲しいなど、相手にとっての「良いこと」を後押しする言動のことです。

「励ます」と「応援する」の違い!

「励ます」「応援する」の違いを、分かりやすく解説します。

「励ます」とは元気を出す、勇気を出す、といったことができるように力づけてあげることを言います。

一方の「応援する」とは手助けをすること、元気づけることという意味になります。

例えば、ある歌手を「応援する」という場合は、CDを買う、コンサートに行くといった行動が「応援する」ことになるわけです。

必ずしも本人に声をかけるだけでなく、何かしらの行動が、結果的に「応援する」ことになります。

それが「励ます」「応援する」の違いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「励ます」「応援する」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「励ますは直接的」「応援するは間接的にでもできる」と覚えておきますとわかりやすいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典