スポンサーリンク

「勇気の切断」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勇気の切断」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勇気の切断」【ゆうきのせつだん】の意味や使い方、違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勇気の切断」とは?

Wi-Fiでインターネットに接続して、オンラインゲームしている最中に切断するというかなり大胆な決断する者のその行為に驚き、酷いことしたと伝えるとき「勇気の切断だ」といかに禁断の行為したかを表せます。

とくに、ポケットモンスター実況しているときに使われている言葉であり、かなり酷い行為であるため、オンライン対戦では絶対にやってはいけない行為であるのに、いとも簡単に切断して、相手との対戦を無理矢理そこで止めてしまう卑劣極まりない態度で忌み嫌われることとみなされます。

そんな行為するのはかなり勇気がいることであり、切断する方にとってかなり負荷がかかっていることには違いありません。

「勇気の切断」の概要

「勇気の切断」の語源は、動画の【バトレボ】「第二十二回 厨ポケ狩り講座-その勇気」であり、オンラインで対戦していたとき、いきなり相手の同意を得ずに回線を切断してしまうという暴挙に出た者に対し、そのタブーがいかに悪いことであるか言い放つ言葉です。

切断した者はバトレボWi-Fi対戦だけではなく、オンライン対戦で人と戦うことはか弱い橋で行っているものであり、プレイヤーの気分によって簡単に崩されるものであるのです。

そんな人に対し、あえて切断した者が「何があってもやってはいけない」ことであり、「切断だけは一線超えた行為」であると伝えたことで、そこまでして切断したことは逆に「勇気ある切断だ」という言葉が変化したわけです。

「勇気の切断」の使い方や使われ方

オンラインゲームしているとき、いきなり切断するという行為はどれほど酷いことか、卑劣な行為かを相手に伝えるときに使う言葉です。

「勇気」とは良い意味で使われることがほとんどですが、この場合、切断した愚かものを反対に見下す意味を込めて言い表し、「切断」というすべてを台無しにしてしまう愚かな行為を愚弄する意味でも使うわけです。

愚かな行為を簡単にやってのける愚かな物のその行動はまさに虚しく、もう対戦すらする気持ちにもなれないと思ってしまうでしょう。

類義語には「切断厨」【せつだんちゅう】オンラインゲームするときに恥ずかしいと感じる行為であり、負けそうになったとき無理やり切断させて、自分が敗北しないように仕向けるとき使う言葉です。

「勇気の切断」の例文(使い方)

・『もう勇気の切断してやる』
・『ヘタれじゃない。勇気の切断だ』
・『それって勇気の切断だな』
自分が敗北しそうになったとき、切断して、途中退場した方が負けたという記録が残らないだろうと考えるわけです。

反対に、自分はオンラインをいきなり切断したからといって、酷い人間ではないということを相手に伝えるときや、嫌味を込めて卑怯な者に「勇気ある決断だ」と伝えます。

まとめ

悪いこと、愚かなこととわかっていながら、あえてゲームを自分の都合で切断してしまう行為に対して「勇気の切断」と言ってオンラインゲームをやめさせてしまう相手の行為に対して揶揄するときに使います。

卑劣なマナー違反行為ですので、よっぽどではない限り、いきなり切断するのはやめておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典