スポンサーリンク

「動物」と「植物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「動物」と「植物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「動物」「植物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「動物」とは?

生物の二大区分の一つです。

人や鳥獣虫魚などの総称を言います。

有機物を栄養として摂取し、多くは運動器をもち葉緑素を持ちません。

「動物とは」とは?

生物の二大区分の一つです。

多くは固定して生存し、空気や水から養分をとって生きています。

「動物」と「植物」の違い

「動物」「植物」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「生物の二大区分」に入ります。

ではそもそも「生物」はどういったものなのかというと多くの生物学者が認めている生物の定義は、以下の3つの条件を満たすものです。

・外界と膜で仕切られている。

空気ではなく細胞を持ち形を持っていることを指します。

・代謝を行う。

食べる呼吸するなどにより、エネルギーを取り入れます。

・自分の複製を作る。

子供を作ったり、細胞分裂して複製を作ることを言います。

では動物と植物の違いは何でしょうか。

結論から言うと、 ・「動物」は、「光合成はしない。細胞壁を持たない生物」
「植物」は、「光合成を行う。細胞壁を持つ生物」
ということになります。

「細胞壁」とは、セルロースとペクチンからなり細胞の保護や、細胞間の物質の移動を行います。

植物によっては、植物の茎や幹の強度が増す現象や、細胞からの水分の蒸発が抑えられる現象が起き、自らを守る仕組みがあります。

「動物」は他の動物や植物を食べ、栄養を取り込みます。

「植物」とは違って「光合成」は行いません。

そして細胞壁はありません。

細胞壁があると、エサを探すために、素早く動くことができなくなるためです。

細胞壁は、細胞膜より固いのです。

一方「植物」は光合成を行います。

光のエネルギーを用いて二酸化炭素と水から炭水化物を合成します。

「植物」は自分で光合成により、生きるための活動エネルギーを作り出せます。

基本的に他の植物や動物を食べる必要はありません。

全ての生物はの小さな細胞が集まってできているのは周知の事実です。

その細胞1つ1つの周りに細胞の形を保つための膜があります。

「植物」にはその膜の周りを硬い膜が覆っています。

それが先ほど説明した「細胞壁」です。

「植物」は光合成を行うので「動物」のように動き回る必要がありません。

地面から動かないために細胞1つ1つの柔軟性よりも強さが大切になります。

自然の雨風に耐えて1つの場所に留まるためには細胞をさらに強く守る細胞壁が必要と言うことになります。

ちなみに菌類は動物でも植物でもありません。

きのこは植物と思いがちですが、光合成を行う葉緑体を持ちません。

まとめ

「動物」は、「光合成はしない。細胞壁を持たない生物」「動物」は他の動物や植物を食べて、エネルギーを合成する 食物連鎖における消費者または分解者である。

「従属栄養生物」です。

「植物」は、「光合成を行う。細胞壁を持つ生物」
・自分で有機物を合成できる細胞壁を持つ「独立栄養生物」です。

以上が「動物」「植物の」違いになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典