スポンサーリンク

「勘」と「当てずっぽう」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勘」と「当てずっぽう」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勘」「当てずっぽう」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勘」とは?

ものごとの意味や善し悪しを直感的に感じることができ、判断することができることを意味する「勘」

その判断する力は理屈で説明することはできず、あくまでも、その人の感覚のみとなります。

このような意味を踏まえ、「勘」を別の言葉で言い表した場合、「第六感」「シックスセンス」「直感」「洞察力」などとなります。

「勘」の使い方

「勘」は、良い、悪い、といった使い方が行われることがあり、「勘がいい人」「勘が悪い人」といった使い方があります。

そのほか、自分が瞬間的に判断した結果が良い結果となった場合は、「勘が当たる」「勘が当たった」

そのほか、「山勘」「土地勘」などといった言葉もあります。

「当てずっぽう」とは?

いい加減な見通しを行うこと、適当に考えること、などを意味する「当てずっぽう」

そこに理屈や根拠があるものの、それ自体が非常にいい加減なもので、はたから見れば、何の理屈も根拠もなく、適当に言っていることを意味する言葉となります。

このような意味を踏まえ、「当てずっぽう」を別の言葉で言い表した場合、「推当て」「壁越推量」「憶見」などとなります。

「当てずっぽう」の使い方

「当てずっぽう」の場合、「当てずっぽうを言う」「当てずっぽうに答える」「当てずっぽうに選ぶ」などといった使い方となります。

「勘」と「当てずっぽう」の違い

全く異なった意味を持つ「勘」「当てずっぽう」

「勘」の場合、理屈や根拠などは一切なく、その人の直感で判断することを意味します。

一方、「当てずっぽう」の場合は、理屈や根拠がある場合があります。

しかし、その理屈や根拠自体、適当なもので、はたから見れば、正当な理屈や根拠とは思えません。

また、「勘」の場合は、「勘」が当たると「勘」が当たった人に対し「すごい」といった気持ちを抱く人が多くなりますが、「当てずっぽう」が当たった場合は、あまり、「すごい」といった気持ちを抱く人はいません。

「勘」の例文

・『今回のテストは、山勘が当たりラッキーだった。』

・『僕の彼女は勘が鋭いので、そう簡単に浮気をすることができません。』

・『うちの母は、勘が良いので?をつくとすぐにバレてしまいます。』

・『どれだけ好きだというアピールをしても、勘の悪い彼には伝わらない。』

「当てずっぽう」の例文

・『答えがわからず、当てずっぽうに書いたら、正解していた。』

・『私の友達は、いつも、当てずっぽうなことばかり言うので困ります。』

・『どうせ当たらないだろうと、当てずっぽうに選んだら、見事、くじが当たりました。』

・『当てずっぽうな人とコンビを組むと大変です。』

まとめ

以上のように「勘」「当てずっぽう」は全く異なった意味となります。

そのため、適した使い方でを使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典