「半乾き」と「生乾き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「半乾き」と「生乾き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「半乾き」「生乾き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「半乾き」とは?

「半乾き(はんかわき・はんがわき)」とは、「洗濯物・ペンキなどがまだ十分に乾ききっていないこと」を意味している言葉です。

「半乾き」という表現は、「洗濯物などがまだ乾燥過程の半ばであること」「完全には乾燥しておらず触るとまだ水分が残っている感触があること」に意味の重点があります。

例えば、「半乾きのタオルでは、風呂上がりの体を気持ちよく拭けません」などの文章で使われます。

「生乾き」とは?

「生乾き(なまかわき・なまがわき)」とは、「主に水分を含んでいる洗濯物などが十分に乾ききっていないこと」を意味している表現です。

「生乾き」という表現は、「洗濯物などがまだ十分に乾燥しておらず湿気を帯びていて、雑菌・汚れによる嫌なにおいもあること」に意味の重点があります。

例えば、「生乾きの洗濯物の嫌なにおいを消してくれる洗剤が新しく発売されました」といった例文で使用できます。

「半乾き」と「生乾き」の違い!

「半乾き」「生乾き」の違いを、分かりやすく解説します。

「半乾き」「生乾き」もどちらも、国語辞典では「十分に乾ききっておらず水分が残っていること」の意味が記されている同義語になりますが、「半乾き」のほうは「濡れたもの(乾いていくもの)の乾燥過程がまだ終わっておらず半ばであること」に意味の重点が置かれています。

「半乾き」に対して「生乾き」の表現は、「十分に乾燥しておらず、湿気と嫌なにおい(雑菌・汚れ)がまだ残っている」の意味のニュアンスが強いという違いを指摘できます。

そのため、「乾燥しきっていない洗濯物の嫌なにおい」を取り除く効果を伝える新発売の洗剤のテレビCMなどでは、「半乾き」よりも「生乾き」の表現が使われやすいという違いがあるのです。

「半乾き」「まだ乾燥しきっていなくて水分・湿気が残っている」という意味だけが連想されやすく、「生乾き」のほうは「水分・湿気が残っている+汚れ・汗も残っている、湿気があるので雑菌・嫌なにおいが発生しやすい」という意味まで連想されやすいのです。

まとめ

「半乾き」「生乾き」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「半乾き」とは「十分に乾ききっていないこと・濡れたものの乾燥過程が半ばであるさま」を意味していて、「生乾き」「十分に乾ききっていないこと・水分を含んでいて嫌なにおいが残っているさま」を意味している違いがあります。

「半乾き」「生乾き」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典