「半同棲」と「同棲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「半同棲」と「同棲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「半同棲」「同棲」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「半同棲」とは?

「半同棲」「はんどうせい」と読みます。

意味は「恋人同士が1週間の半分以上をどちらかの部屋で一緒に過ごしている状態のこと」です。

お互いに自分の部屋を持っているのですが、部屋を行き来していて、1週間の半分近くをどちらかの家で一緒に暮らしています。

毎日ではなく時々一緒に暮らすことであり、特に将来結婚を意識している訳ではありません。

別れたいと思えば自分の家に戻るだけです。

ただし、お互いの愛情が深まって来ると、2人分の家賃を支払うのはムダだと思い、「同棲」を考える様になるのです。

「同棲」とは?

「同棲」「どうせい」と読みます。

意味は「婚姻関係にない恋人同士が、一緒に住むこと」です。

恋人同士が毎日一緒に暮らしている状態で、生活を共にしています。

将来は結婚を前提にしていて、試しに一緒に暮らしてみることが多くなります。

一つの家に住むことから、解消するのが難しく、関係が破局した後も引越し先がみつからずに「同棲」している人も多くいます。

「半同棲」と「同棲」の違い!

「半同棲」「恋人同士が1週間の半分以上をどちらかの部屋で一緒に過ごしている状態のこと」です。

「同棲」「婚姻関係にない恋人同士が、一緒に住むこと」です。

まとめ

今回は「半同棲」「同棲」の違いをお伝えしました。

「半同棲は時々一緒に住む」「同棲は毎日一緒に住む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典