スポンサーリンク

「卑屈」と「ネガティブ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卑屈」と「ネガティブ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卑屈」「ネガティブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「卑屈」とは?

いじけて、必要以上に自分のことを見下げること、またそのさまです。

いじけるには、すねたようす、ひねくれて素直でなくなるという意味があります。

つまり「卑屈」な状態になるのは、すねているときだといえます。

そして、必要以上に自分自身を卑しめてしまいます。

とるに足りないものだとするのです。

このような状態になっている人は「自分なんて」という発言がみられることがあります。

「なんて」という語は、軽んじることを表すときに使われます。

「自分なんて」というと、自分を軽んじていることを表しています。

「卑屈」の使い方

自分のことを卑しめるといった意味で使用をします。

他人が行う行為ではなく、自分が自分に対して行うものです。

「ネガティブ」とは?

「ネガティブ」には3つの意味があります。

1つめはは、電極の陰極です。

電極には、陰極と陽極があります。

電池では陰極に向かって電気が流れてきます。

2つめの意味は、陰画、ネガのことです。

撮影・現像してできた、明暗や色相が実物とは反対になっているフィルム・乾板の画像のことをいいます。

3つめは、肯定的とは反対のさまです。

否定的、消極的なさまをいいます。

たとえば、電車が本来到着する時刻よりも遅れていたとします。

そのとき、「まだ到着するまで時間があるからコーヒーでも飲んでゆっくりしていよう」と捉える人もいれば、「なんて悪いことなんだ、絶望的だ」などと捉える人もいます。

「ネガティブ」とは後者のさまです。

「ネガティブな情報」などともいいます。

この場合は、その情報が否定的であることを意味しています。

「ネガティブ」の使い方

日常的には、否定的なさまを指して使用されています。

よい意味で使われることは少ないです。

人が物事を受け取るときの態度、物事のようすなどについて使われます。

「卑屈」と「ネガティブ」の違い

セットで使われることがある2つの言葉ですが、それぞれの言葉の意味は異なります。

「卑屈」とは、自分をとるに足りないものと見下げることです。

自分への態度を指しています。

「ネガティブ」とは否定的なさまです。

「卑屈」の例文

・『きみの卑屈な態度が気に入らない』
・『卑屈だった主人公がある人に出会って変わっていく物語』
・『人と比べて卑屈になってしまう』
・『以前は卑屈になることがよくあったんです』

「ネガティブ」の例文

・『ネガティブな感情を抱く』
・『ネガティブなニュースには触れないようにしている』
・『ついネガティブなことばかり考えてしまう』
・『SNSのネガティブな投稿は気にしないようにしている』

まとめ

セットで使われることがあり、同じような意味を持っているように感じる2つの言葉ですが、一方は自分を見下すこと、もう一方は否定的なさまを意味しており、それぞれの言葉が指す者は違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典