スポンサーリンク

「占い」と「スピリチュアル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「占い」と「スピリチュアル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「占い」「スピリチュアル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「占い」とは?

「占い」【うらない】とは、独自の方法で人の運勢やこれから起こる物事を読み解き予言することです。

さまざまな方法があり、大きく分けると事象で吉凶を占うもの、統計に基づいて判断するもの、占い師の霊感によって占うものがあります。

また、異なる手法を組み合わせ独自の占いをする占い師もいます。

出た事象によって吉凶を占う手法では、おみくじ、タロット、コイン占いなどが有名です。

統計に基づいて占う手法には姓名判断、風水、人相学などがあります。

また、霊感があるとされる占い師が霊視や透視による予言やカウンセリングをおこなっています。

「占い」は、予測できない出来事や他人の心うちを読み解くのが目的です。

方法や結果に科学的な裏打ちはありませんが、占うことは相談者の不安や悩みをやわらげる作用もあり、幅広い世代に浸透しています。

「スピリチュアル」とは?

「スピリチュアル」とは、心霊的なもの、肉体に対する精神、目に見えない世界などの意味を持つ概念です。

キリスト教、思想、医療分野などによってさまざまな捉え方がされています。

「スピリチュアル」「霊的なもの」「宗教的なもの」という意味を持つ英語の“spiritual”に由来しています。

“spiritual”はキリスト教に由来する言葉で、宗教用語の「霊性」という意味を含みます。

霊性【れいせい】とは、肉体に宿る魂、神や超人が持つ不思議な力などのことです。

1990年代には霊性という言葉が宗教用語の枠を超え、思想や文化として広く普及し「スピリチュアル」ブームが沸き起こりました。

一般には「科学的に解明できない見えない存在を信じ、癒しや精神的な成長を得るもの」といったイメージが持たれ、メディアで取り上げられたり、カウンセリングや占いに取り入れたりされています。

また、黒人の間で発達したアメリカの宗教歌はキリストをたたえる内容から、霊的なものを意味する「スピリチュアル」の呼び名が付けられています。

「占い」と「スピリチュアル」の違い

「占い」「スピリチュアル」の違いを、分かりやすく解説します。

「占い」は、科学的に予測できない事象を読み解く手法です。

おみくじ、手相学、霊視などがあります。

「スピリチュアル」は霊的なものを意味する宗教用語で、さまざまな捉え方がなされています。

日本では宗教的な意味合いが少なく、文化や思想の領域において心の癒しや学びを得るための概念として認知されています。

「占い」「スピリチュアル」は根本的に定義が異なりますが、科学的な要素がなく不確かな部分、迷いや悩みをやわらげる作用のあるところは似ているといえるでしょう。

両者を組み合わせたカウンセリングや癒しのサービスもあり、悩める現代人に支持され続けています。

まとめ

「占い」「スピリチュアル」は、どちらも人の悩みを解消する手法としてブームになり、互いによく似た印象が持たれがちです。

ただし本来の意味は大きく異なっています。

特に「スピリチュアル」は幅広いニュアンスを含み間違った使い方をしやすいので、意味をしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典