スポンサーリンク

「反映」と「反射」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反映」と「反射」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「反映」「反射」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「反映」とは?

「反映」には、3つの意味があります。

1つめは光や色などが反射して光って見えることです。

「夕日が海面に反映する」のような使い方をします。

2つめは対象的に色がうつり美しさが増すことです。

3つめはあるものの性質が他に影響を与えて現れることです。

「生徒の意見が校則に反映される」のような使い方をします。

「反射」とは?

「反射」には2つの意味があります。

1つめは、空間などを進む光や空気などを伝わる音の波動が、媒質の境界面にあたって、もとの媒質に戻って進むことです。

ガラスに光を当てると、その光が返ってくることなどが、これに当てはまります。

もうひとつは、外側からの刺激によって生じた生体内での興奮が、大脳まで伝わらずに脊髄などで折り返して、意識とは関係なく反応することです。

熱いものを触って意識せずに手を引っ込めることが、これに当てはまります。

「反映」と「反射」の違い

「反映」「反射」で意味が混同されがちです。

「反映」の光や色などが反射して光って見えることという意味と、「反射」の光や音などが媒質に境界面にあたって戻って進むことという意味が似ているためです。

「反映」の場合は、光や色などが反射して「光って」見えることです。

「反射」の場合は、光や音が「戻って進む」ことです。

音が戻って進んでも「光ら」ないので、この点で「反映」とは異なります。

まとめ

「反映」「反射」には複数の意味があり、似ている点もありますが、この2つは異なる意味を持っている言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典