スポンサーリンク

「反映」と「反影」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「反映」と「反影」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜間に、水辺に散歩に行くと、その水面に映る月の光の美しさと慎ましさに感動します。

そこらじゅうに水が存在する日本においては、このような光景は普通に見られ、それに感動する人も多くいます。

それでは、この時、水面に「映る」を言い換えると「反映」でしょうか。

「反影」でしょうか。

その違いはなんでしょうか。

この記事では、「反映」「反影」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「反映」とは?

「反映」とは、「何かの姿が何かに反射して映る」ことです。

元々の意味では、「自分の顔が鏡に反映しています」というような文字通りの意味で使用されますが、比喩的な使われ方をすることも多い言葉です。

例えば、「何かの影響を受けて別の何かの姿や性質が形作られる」という意味でも使われます。

英語では、「reflect」が近い表現になるでしょう。

「反影」とは?

「反影」とは、「何かの姿が反射して影を落とす」ことです。

「影を落とす」とは、逆に言えば「影でない部分が映る」と言っても良いでしょう。

つまり、はっきりした明暗のある映像が映ることなのです。

この言葉も比喩的に使われ、「何かの影響を受ける」という意味でも使用されます。

英語では、「influence」が近いかもしれません。

「反映」と「反影」の違い

「反映」「反影」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、「何かの姿が何かに映る」ということを表した言葉である点は同じです。

違うのは、「反映」で映るのは、「光」がメインであることに対して、「反影」で映るのは、「影」がメインであることです。

言い換えれば明るい部分から姿を見るのが「反映」であり、暗い部分から姿を見るのが「片影」です。

また、「自分の気持ちを反映させた作品」のように、比喩的な意味で使われる場合でも同じように、「反映」が明るい部分に焦点を当てており、「反影」が暗い部分に焦点を当てて、影響を見ているという違いがあります。

「反映」の例文

「反映」の例文は以下のようになります。

・『上空を飛んでいる飛行機の姿が湖面に反映しています』
・『新しい製品を開発するにあたっては、消費者の意見を反映させる必要があります』

「反影」の例文

「反影」の例文は以下のようになります。

・『樹齢20年のイチョウの木の枝が、秋の日差しに照らされて、雨に濡れたアスファルトに反影しています』
・『いつの時代にも、音楽はそれが作られた時代の世相を反影しているものです』

まとめ

この記事では、「反映」「反影」の違いを、解説してきました。

水の国である日本において、特に秋の夜にはより美しく映える水面に「反映」する月の姿に、感動する意識を常に持っていれば、日々のどんな重圧にも押しつぶされることはないでしょう。

また、日頃から自分がどうあるべきかということをしっかりと考えていれば、そのイメージを反影させた自分に必ず変われることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典