スポンサーリンク

「古事記」と「日本書紀」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「古事記」と「日本書紀」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「古事記」「日本書紀」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「古事記」とは?

「古事記(こじき)」とは、「天武天皇の編纂の命を受けて、712年に成立した国内向けの史書」です。

「古事記」は暗記の天才とされる稗田阿礼(ひえだのあれ)が暗誦して、太安万侶(おおのやすまろ)が筆記する形で書かれました。

「古事記」は各時代の人物を中心とする「紀伝体」の史書で、漢字を和語に当てはめる「日本漢文体」で書かれています。

「古事記」は天地開闢から推古天皇までの時代について書かれた史書で、元明天皇の時代に完成しました。

「日本書紀」とは?

「日本書紀(にほんしょき)」とは、「天武天皇の編纂の命を受けて、720年に成立した国外向けの史書」です。

「日本書紀」の編纂には、川島皇子ら6人の皇族・6人の官人が関わり、舎人親王(とねりしんのう)の時代に元正天皇に奏上されています。

「日本書紀」は年代と出来事を順番に書く「編年体」の史書で、中国の史書と同じ体裁の「漢文」で書かれています。

「日本書紀」は天地開闢から持統天皇までの時代について書かれた史書で、元正天皇の時代に完成しました。

「古事記」と「日本書紀」の違い!

「古事記」「日本書紀」の違いを、分かりやすく解説します。

「古事記」「日本書紀」はどちらも「天武天皇の編纂の命を受けて書かれた日本の史書」ですが、「古事記」「712年に成立した国内向け・紀伝体・日本漢文体の史書」で、「日本書紀」「720年に成立した国外向け・編年体・漢文の史書」の違いがあります。

「古事記」「天地開闢の神話から推古天皇までの時代」を扱い、「日本書紀」「天地開闢の神話から持統天皇までの時代」を扱っています。

「古事記」「稗田阿礼が語って太安万侶が筆記した史書」であり、「日本書紀」「天智天皇の子の川島皇子が命じられ、舎人親王の時代に成立した史書」である違いもあります。

まとめ

「古事記」「日本書紀」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「古事記」とは「天武天皇が命じて712年に成立した日本の国内向け・紀伝体の史書」を意味していて、「日本書紀」「天武天皇が命じて720年に成立した日本の国外向け・編年体の史書」を意味している違いがあります。

「古事記」「日本書紀」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典