「古着屋」と「リサイクルショップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「古着屋」と「リサイクルショップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「古着屋」「リサイクルショップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「古着屋」とは?

「古着屋」とは、中古の洋服やファッショングッズを取り扱う専門店です。

古着と言っても、単に「誰かが一度袖を通した服」という意味合いのものだけではなく、一点ものやヴィンテージものなども取り扱っている場合があります。

「リサイクルショップ」とは?

「リサイクルショップ」とは、生活用品・家具・家電・ゲーム用品・おもちゃ・楽器など、幅広く中古品を取り扱うお店です。

古着の買取・販売も行われています。

「古着屋」と「リサイクルショップ」の違い

「古着屋」「リサイクルショップ」の違いを、分かりやすく解説します。

まず「古着屋」ですが、取り扱っている範囲が服やファッションに関するものだけなので、専門性が高いです。

持ち込んだ服を買ってくれるお店もありますが、一般客からの買い取りは行っておらず、店員自らが海外へ赴き、そこで買い付けた服だけを販売しているお店などもあります。

買取を行っているお店の場合、相場やマイナーブランド等についても詳しいことが多く、持ち込んだ服をしっかりと査定してくれる傾向にあります。

「リサイクルショップ」は洋服やファッショングッズだけではなく、様々な中古品を取り扱うお店です。

販売だけではなく、一般客からの買取も行っています。

お店にもよりますが、家に中古品を買い取りにきてくれる出張買取のサービスが行われていることもあります。

「古着屋」の店員はまず確実に洋服好きなのに対し、「リサイクルショップ」の店員の質は様々なので、目利きはあまり期待できないかもしれません。

しかし、中古品をまとめて売り買いしたい時にはとても便利なお店と言えるでしょう。

まとめ

「古着屋」は洋服やファッショングッズを専門的に取り扱うお店です。

「リサイクルショップ」は中古品全般を幅広く取り扱うお店です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典